NEM財団って何?財団の組織概要や活動内容などを詳しく解説!

NEMに興味を持って調べていたりすると「NEM財団」という言葉を一度は目にしたことでしょう。財団と聞くと有り余るほどの資産を築いた大金持ちが作って慈善事業を行っているイメージを思い浮かべたかもしれません。

このNEM財団、一体誰が運営していてどんな活動をしているのか気になりますよね。そこで、今回はNEM財団の概要からコインチェック事件への関わり、ネットでの評判などをわかりやすくまとめました!

この記事が少しでも皆さんのお役に立てれれば幸いです。

NEM財団とは

NEM財団とはNEMで作られる経済圏の拡大を目指して2017年3月にシンガポールで設立された財団法人です。正式名称は”NEM.io Foundation Ltd.”といいます。

財団法人とは、何らかの目的のために人ではなく財産の集まりに法人格が与えられたものです。株式会社・有限会社などの営利目的の法人ではなく基本的に非営利目的の公共事業を行うことになっています。

NEM財団の場合、この目的を「政府、学会、産業界、開発者及びエンドユーザーにNEMブロックチェーン分散型元帳技術の使用を促進すること」と公式ページで発表しています。

NEM財団の活動

NEM財団は前述の通り世界中ににNEMブロックチェーンの普及を促進しています。パートナーとなる企業や使われるケースを増やす活動、宗教で言えば布教活動を行う団体です。

例えば、オーストラリアに拠点を置いているブロックチェーン企業のBlockchain Globalとの連携はNEM財団のこれからの活動拡大の大きな足がかりになりました。世界中でブロックチェーンインフラの整備などの事業を行なっているこの企業と提携することによって、より一層NEMブロックチェーンの普及は促進されることでしょう。

また、NEM財団はNEMブロックチェーンの開発にも参加しています。

NEM財団の主なメンバー

NEM財団では

Lon Wong氏、Jeff McDonald氏、Ronel Li氏、Ken Chan氏の4名で構成される創立メンバーと

この6人の評議委員が理事として活動しています。

今回は日本人で大手取引所Zaifの運営会社テックビューロの代表、朝山貴生氏とNEM財団代表理事を務めるLon Wang氏について触れておきます。

朝山貴生氏

朝山貴生氏は1975年兵庫県生まれ、関西学院大学商学部在学中の1996年から複数の会社で代表を務めた後2014年からZaifの運営会社のテックビューロ社でCEOを務めています。

また、ホリエモンこと堀江貴文氏が朝山氏と親交が深く、堀江氏はZaifを技術アドバイサーとして応援しています。


詳しくはこちらをご覧ください。

国内取引所の中で人気の高いZaif。そんなZaifを作り出した朝山貴生氏とはどのような人で他にどんなことをしてきたのか?この記事で経歴から評判までわかりやすく紹介していきます!目次朝山貴生氏の生年月日・出身地朝山貴生氏の経歴 テックビューロの事業 朝山貴生氏の家族朝山貴生氏の評判朝山貴生氏のTwitter・ブログは?朝山貴生氏のまとめ朝山貴生氏の生年月日・出身地生年月日・年齢朝山貴生氏は西暦1975年・昭和50年生まれです。誕生日は公表されていませんが43歳だと推測されます。(2018年4月現在)出身地朝山貴生氏は兵庫県出身です。関西学院高等学校を経て関西学院大学商学部入学・卒業と社会人になるまでずっと地元兵庫県で育ったようです。朝山貴生氏の経歴CEOを歴任1996年〜Overtex Corp.(元有限会社あさやまかんぱにぃ)1997年〜Overtex Group1998年〜2003年4D Matrix.inc2014年〜テックビューロ株式会社朝山貴生氏は大学在学中に企業しその後CEOを歴任しています。1996年に有限会社あさやまかんぱにぃを企業し輸入玩具のインターネット通販事業、ウェブデザインサービスを始めます。1997年に全業務を日本からアメリカシリコンバレーに移し1998年にネバダ法人としてOvertex Corp.を設立します。同年11月にアフィリエイトシステムの開発とライセンスの販売を手掛ける4D Matrix.incを起業します。2014年6月に仮想通貨取引所Zaifを運営するテックビューロ株式会社を起業しています。このようにテクノロジー界の第一線を走り続けている実業家という印象が強いです。NEM.io財団の理事に就任朝山貴生氏は”全ての人にブロックチェーンの力を!”とスローガンを掲げるように、仮想通貨についての素人向けのわかりやすい説明を寄稿するなど仮想通貨の普及にも力を注いできました。そんな朝山貴生氏は2017年にNEM.io財団の理事に就任しています。NEMとはNer Economy Movementの略でブロックチェーン技術を用いて新たな経済活動を起こすことを目的としたプラットフォームで、NEM

 

Lon Wong(ロン・ウォン)氏

Lon Wong氏はオーストラリアのニューサウスウエールズ大学電子工学科を卒業後30年以上に渡って複数の会社でCEOを務めるシリアルアントレプレナーです。

ブロックチェーンに強い関心を持ち、2017年にNEMの普及を目指すべくNEM財団を創立しました。現在はシンガポールを拠点とするフィンテック企業「Dragonfly Fintech」のCEO務めながらNEM財団の代表理事として活動しています。

コインチェック事件後のNEM財団

NEM財団はコインチェックからNEMが大量流出した2018年1月26日の直後、NEM財団の代表理事のロン・ウォン氏は「コインチェックがハッキングを受けたのは残念です。しかし私たちは助けられることは全て行います。」という趣旨の内容をツイッターで発表しました。

コインチェックの事件の詳細が知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

コインチェックがハッキングされたみたいだけど仮想通貨は大丈夫なの?仮想通貨を始めたてのあなたはそんな不安にかられていませんか?この記事を読めば今回の事件の全貌が丸わかり!何が起きたかを知りそれに対する対抗策を知っておけば被害にあう確率が大きく減り、あなたの不安もきっと解消されることでしょう!コインチェック事件の内容と原因、コインチェックの対応、チャートへの影響、さらには類似事件も学べば自ずと対抗策がわかるのでそれも教えちゃいます!自分のお金は自分で守る!セキュリティ対策として何ができるのかしって安心して取引を行いましょう!目次今回ハッキングされたコインチェックとは? ハッキング被害の概要 コインチェックの対応は?記者会見の内容 ハッキングの原因は? 過去の類似事件チャートへの影響は?ビットコイン・ネムの価格を分析 ハッキングの対策1【ハッキングに強い取引所3選】ハッキングの対策2【おすすめコールドウォレット3選】まとめ今回ハッキングされたコインチェックとは? 日本最大の仮想通貨取引所 今回ハッキング被害にあったコインチェック(Coincheck)は2014年に操業を開始した日本の最大手の仮想通貨販売所・取引所で、2017年にはビットコイン取引高日本国内1位を獲得しています!チャートが見やすい・アプリがとても使いやすいなど手軽に取引できる点から初心者に人気であるほか、日本で一番多種(13種類)の仮想通貨を取り扱っている販売所として有名です。芸人の出川哲郎さんがCMに出演していることでも話題になりました。コインチェック(Coincheck)とは? 概要や特徴、登録までの流れを解説!コインチェック(Coincheck)は、これから仮想通貨を始めたい人におすすめしたい日本最大級の仮想通貨取引所です。なぜ人気なのか、なぜ初心者におすすめなのか、コインチェックの特徴を分かりやすくまとめて皆さんの最初の一歩を後押します!続きを読む 金融庁には未登録 

追跡プログラムで操作に協力

NEM財団は盗まれたNEMにモザイク(目印)でマーキングする技術を用いて追跡するプログラムを開発しました。捜査開始時はこれで盗まれたNEMのあり場所を特定する計画でしたが、盗まれた580億円分のうち約350億円分のNEMは既に闇サイトなどで他の仮想通貨に換金されていました。

結局、2018年3月20日にNEM財団は追跡の打ち切りを発表しました。

ハードフォークは応じず

コインチェックはNEM財団に事件直後に取引台帳のブロックチェーンをハッキング前の状態に戻すハードフォークを申請しました。しかし、この事件はNEMの技術自体に問題があったわけではなくコインチェックのセキュリティの甘さが原因で事件が起きてしまったのでハードフォークは行われませんでした。

インタビューに対応

NEM財団は事件後の1月27日にインタビュー動画をアップロードしました。

ここでは代表理事のジェフ・マクドナルド氏がNEMのハードフォークを行わないこと、ブロックチェーン上から追跡することを話しています。

NEM財団は無能!?ネットでの評判

NEM財団は結果的に盗まれたNEMを回収することはできず追跡を打ち切ったので、財団の追跡についてネットでは最近少し叩かれ気味です。

Q&A

NEM財団の公式ツイッター・公式サイトは?

NEM財団の公式のツイッターは現在ありませんが、NEM財団の理事の朝山貴生氏Lon wang氏がツイッターでNEM財団のことについて発信しています。

また、NEM財団の公式サイトはこちらです。 https://nem.io/about/foundatio…

NEM財団の開発への影響力は?

NEM財団はあくまでもNEMの普及を促進する活動を行う団体であり、NEMの開発・管理は一部のみ行っています。

仮にNEMの開発をNEM財団のみが行っているとするとNEMが中央集権的になってしまうのでブロックチェーンの意味が失われています。

今、NEMを購入しても大丈夫?

今購入することは全く問題ありません!NEMは年始には1XEM = 200円を超えていましたが、4月の頭には1XEM = 20円近くまで下落しました。NEMの技術は送金スピードや安全性がとても優れていて、将来性は非常に高いのでむしろ今が買い時かもしれません!

購入の方法などはこちらの記事をご覧ください。

NEMに興味があるけどどうすれば買えるのか、どの取引所で買うのがいいのかがわからないという方も多いのではないのでしょうか?この記事では、おすすめの取引所はもちろん、仮想通貨初心者という方にもわかりやすいように登録から購入の方法まで詳しく解説します!目次NEM(ネム)とはNEMの買い方NEMを買うならここ!国内おすすめ取引所3選!NEMを買うならここ!海外おすすめ取引所2選!【初心者必見】zaif登録からNEM購入までの詳しい手順【NEMの保管方法】おすすめウォレットを紹介NEMの買い方まとめNEM(ネム)とはNEM(New Economy Movement)とは、ブロックチェーン技術を用いた様々なサービスを提供する仮想通貨プロジェクトのことです。このブロックチェーン上の通貨の名称がNEMであり、通貨単位はXEMです。マイニングとは違って膨大なマシンパワーや資金などを必要としない承認作業であるハーベストや、先に控えたカタパルトというアップデートへの期待感から、日本でも多くの注目を集めています! NEM/XEMとはどんな仮想通貨なのか?チャート・将来性や仕組みを解説!NEMは、ブロックチェーン技術を利用した様々なサービスを提供する革新的なプラットフォームです。この先にカタパルトという大型のアップデートも控えCOMSAとの連携もあるため、将来性も抜群です。PoI、ハーベストなどの仕組みも詳しく解説します!続きを読むチャートを確認NEMのチャートを確認してみましょう。(2018年1月30日現在)2017年12月までは横ばいになっていましたが、12月に入りWeChatとの提携というフェイクニュースで一度高騰しすぐに下げますが、その後どうやら実際にWeChatでNEMの送金が可能だということ、また先に控えるカタパルトへの期待も相まって持ち直します。年が明けると、新規参入の増加などもあり、12月頭には27円程度だったのが、一時250円ほどまで値上げしました。その後韓国の規制情報やコインチェックでのNEMの不正引き出しなどがあり下落し今に至ります。今後の回復に期待です。 

まとめ

NEM財団についてお分かりいただけましたか?今回はNEM財団の概要、活動内容やコインチェックの事件との関連性などについて解説しました。

簡単にこの記事を要約すると以下のようになります。

まとめ

  • NEM財団はNEMブロックチェーンの普及を目指している
  • コインチェックの事件の操作に協力した
  • 現在、NEMを購入することには問題ない

NEM財団の理事や協力しているホワイトハッカーは非常に優秀なので、今後のNEMブロックチェーンの普及とそれに伴う価格の上昇に期待しましょう!




CoinOtaku(コインオタク)は「海外の情報が届かない」、「どの情報が重要なのかわからない」、「ウソかホントかわからない」などの日本人仮想通貨投資家の悩みを解決するために、1400以上の仮想通貨のニュースやイベントが一覧できるカレンダー"CoinKoyomi"をリリースしました!ぜひ使って見てください!