仮想通貨FXとは?おすすめ取引所を比較、税金からスプレッドまで詳しくご紹介

当サイトで申し込みの多い人気取引所はこちら!
取引所 特徴 公式HP
FX取引高世界一のGMOインターネットが運営する国内最大の販売所。手数料は基本すべて無料!初心者はまずココ!
国内で唯一リップルやビットコインキャッシュのFXができる取引所。
いまなら口座開設だけで1000円もらえるキャンペーン中!
国内では珍しくアルトコインを取引所形式で購入できる場所。
少しでも仮想通貨を安く購入したいトレーダーに人気!

 「仮想通貨のFXにもチャレンジしてみたいけど、大損してる人もいるからなんか怖い、、、 

そんなことを考えたことはありませんか?

FXの仕組みをしっかりと理解して、上手にトレードすれば今以上に利益をあげられれば理想的ですよね。

さらに仮想通貨がただ上昇するだけではない「今」とてもFXはおすすめです。

この記事を読めば、そもそも仮想通貨FXとは何なのかというところから、なぜ「今」仮想通貨FXなのか、仮想通貨FXにおすすめの取引所まで知ることができます

この記事を読みFXで資産を増やしましょう!

仮想通貨FXにはGMOコインがおすすめ!

仮想通貨FXとは?現物取引との違い

仮想通貨のFX取引では現物がやり取りされる訳ではなく買ったり売ったりしたと仮定した時の差額だけ資金のやり取りをします。

どういうことかというと、現物取引では実際に仮想通貨を購入して持っている仮想通貨を売るのは皆さんご存知だと思いますが

仮想通貨FXでは1BTCが80万円のときに買い注文をいれ90万円の時に売り注文を出すことができますが、その際に現物のやり取りは一切行われず、売却時の差額10万円のみが実際に手元に届くという仕組みです。FXはこの特性を持つため差金取引とも呼ばれます。

そのため、仮想通貨FXでBTCの買い注文をしていても、そのBTCで決済したり誰かに送金することはできず、あくまでも買った仮定、売った仮定の話です。

現物取引と比べFXの方が大きな額の取引ができるため影響力が強く、現物取引とFXでは異なるチャートを用いて取引がされます。

(4月16日の同時刻での現物取引とFXでのBTC価格↓)

仮想通貨FXが「いま」おすすめな理由!

仮想通貨FXが「いま」おすすめな理由!まとめ

  • 差引取引の特性から売り注文を入れることができるので、相場が下落していても利益を得ることができる。
  • レバレッジを使えばさらに自分の持ってるお金の何倍もの利益を出せる!

 

「売り」から入れば価格が下がっている時でも利益がでる!

仮想通貨FXでは上で説明した差引取引の特性から売り注文を入れることができるので、相場が下落していても利益を得ることができます。

一方、仮想通貨の現物取引では必ずビットコインを買い、その後それを売ることで損益が発生します。

ですので相場が下がった際には必ず損をすることになります。

今の相場は2017年のように買えば上がるものではなくなってきているので仮想通貨FXがおすすめです。

仮想通貨FXは「仮定」の上での取引であることから、手元に現物を持たずに取引を行うことすらできます。(実際は多くの場合証拠金と呼ばれる少額の担保が必要です。)

たとえば、1BTCを持っていなくても「90万円で1BTCを売る」注文を行い、あとで「80万円で1BTCを買う注文」ができれば、 「90万円(売値)- 80万円(買値)」で10万円の利益を得ることができます。

つまり、ビットコインFXでは売り注文と買い注文が1セットで存在していれば、その順序を自由に入れ替えることができます。

これによりビットコインFXではビットコインの価格が下がっているときでも利益を得ることができるのです!

レバレッジをかければ持ってる額の何倍もの取引が可能! 

レバレッジとは日本語では「てこ」という意味で、

テコの原理によって小さな力で大きな力を生み出せるように、

少ないお金を証拠金として預けることで預けた金額の何倍もの買い付けを行うことができます。

これにより利益を何倍にもすることができます。

仮想通貨は株式などと比べて値動き(ボラティリティ)が大きいですが、それでも最近では数%程度しか動きません。

FXを利用すれば元手の何倍もの額の取引ができるので、数%の値動きでも大きな利益をあげられます

このシステムをレバレッジといいます。

例えば手元に10万円しかない場合でも、その10万円を証拠金として預けることで100万円分の取引を行うことができ、この場合「レバレッジが10倍」と言います。

利用できる最大レバレッジ倍率は取引所によって異なりますが、国内では法律によって最大25倍、海外だと100倍のところまで存在します。

仮想通貨FXのデメリット 

仮想通貨FXのデメリット

  • レバレッジをかけると利益が大きいぶんリスクも大きい
  • ロスカットが遅くなり追証が発生することも

 

利益が大きいぶんリスクも大きい 

レバレッジでは利益が何倍にもなる反面、損失も何倍にもなってしまいます。

例えば証拠金10万円のレバレッジ10倍で100万円分のBTCを買い、BTCが80万円に下がった時には20万円の損失を生んでしまいます。

ですので現物取引では損をすることはあっても借金が生まれることはありませんが、レバレッジ取引では損だけでなく借金まで生まれることがあります。

FXは現物取引と比べハイリスク・ハイリターンであることを理解しておきましょう。

ロスカットが遅くなり追証が発生することも 

上のように借金を生み出さない対策として、多くの取引所では「追証」と「ロスカット」を設けています。

追証(追加保証金)とは

追証(おいしょう)とは「追加保証金」の略なのですが、追証には二種類の意味があります。

1つの意味は証拠金が損失により一定の割合を下回った時点で取引所が要求する追加の証拠金のことを表します。

追加保証金を支払えば元の状態に戻りますし、支払わなくても特に何かが起こるわけではないのであくまで一種のアラームです。

入金が行われず証拠金維持率がさらに下がっていくと次のロスカットに移行します。

ロスカットとは

ロスカットとは、証拠金の一定の割合を上回る損失を生んだ時点で取引を強制的に終了することです。

証拠金維持率50%ほどでロスカットになる取引所が多いです。

ですのでレバレッジ倍率が大きければ大きいほど、小さな価格の変化でロスカットが発生してしまいます。

レバレッジが100倍だと1%下がっただけで証拠金がなくなってしまいます。

ロスカット後にどんなに値上がりをしたとしても、取引はロスカットの時点で終了してしまいますのでロスカットのタイミングには十分注意しましょう。


また、取引所のサーバーエラーなどによりロスカットが正常に作動しない場合には借金が発生することもあり、100%借金を回避できるシステムではないことにも注意してください。

そして二つ目の意味がこの借金のことです。

仮想通貨FXの取引所の選ぶ基準

仮想通貨FXの取引所の選ぶ基準

  • 手数料とスプレッド
  • レバレッジ倍率
  • 取り扱い通貨
  • 追証とロスカットポイントに注意!

 

手数料とスプレッド

FXを行う場合にも販売所と取引所があります。

取引所はユーザー同士で取引を行うためほぼ適正価格ですが、販売所では販売所の利益のために売値と買値の差であるスプレッドが手数料として徴収されています。

販売所と取引所の詳しい違いを知りたい方はこちらをご覧ください。↓ 

目次ビットコインを始めてみよう!販売所とは?取引所(交換所)とは?違い①販売所と取引所の価格差違い②取引相手結局どっちを使えばいいの?まとめ ビットコインを始めてみよう! ビットコイン、最近話題になってるしちょっとずつ名前聞くようになってきたけどまだよくわからない、、、 今回はそんな初心者向けの記事です!ビットコインを少し調べると必ず出会う単語「取引所」「販売所」について、わかりやすく解説していきます! 販売所とは?取引所(交換所)とは? まずあらかじめ断っておきましょう。ビットコインとはあくまで仮想通貨の1つ(通貨の中のUSドル、みたいな感じです)なので、今後は仮想通貨、と呼んでいきますね。 さて本題です。まずは、販売所と取引所を一言で説明してみましょう。仮想通貨において、 販売所とは、仮想通貨を店から購入する「売店」 取引所とは、仮想通貨を客同士が売買する「市場(いちば)、バザー」 のようなものです。また、取引所は交換所とも呼ばれますが、一般には「取引所」の方で呼ばれることが多いですので、本記事では今後は「取引所」を用いていきます。 具体的に説明していきましょう。 販売所とは、仮想通貨を販売所運営会社から直接購入できる場所のことです。販売、というと購入しかできないのか?と思われそうですが、実は通貨を売ることもできます。 取引所とは、人々が仮想通貨を売り買いする場所のことです。これには私たちも参加することができます。そこでは私たちが自分が所有している仮想通貨に値段をつけてそれを売ることができます(自分たちで値段を指定して売買することからこの仕組みを「指値(さしね)注文」と呼びます)。 実際の取引所のサイトはこんな感じです。「買い板/売り板」の部分が人々が指値注文をした履歴です。 ちなみにこれは国内最大手の取引所「コインチェック」の写真です。 このコインを買う・売るなど書いてある部分が販売所に相当する部分です。 では、販売所と取引所はどんな違いがあるのか?詳しく説明していきましょう。 違い①販売所と取引所の価格差

スプレッドが大きいと損する金額が増えるだけでなく、ロスカットが早くなってしまいます。

というのも、FX取引所で1BTCあたりの売却価格が90万円・販売価格が110万円であったとすると、1BTCの買い注文を出した時点ですでに 20万円分ロスカットに近づいていることになります。

ですのでコインオタクでは、現物取引はもちろんFX取引も取引所で行うことをおすすめします!

レバレッジ倍率 

日本国内の取引所では法律により最大25倍までと決められています。

しかし海外の取引所では最大100倍の取引所まで存在します。

(取り扱っている通貨によっても倍率が変わることがあります)

レバレッジ倍率が多い方がいいのか少なくてもいいのかは人によるので自分に向いた倍率がある取引所で行うようにしましょう。

取り扱い通貨 

仮想通貨FXというとビットコイン(BTC)が有名ですがビットコイン (BTC)だけでなく、リップル(XRP)やイーサリアム(ETH)などアルトコインのレバレッジ取引に対応している取引所もあります。

ですので自分が取引したい通貨を扱っているか確認するようにしましょう。

追証とロスカットポイントに注意!

追証とロスカットがいくらの割合の損失で発生するのかは取引所によって異なります。

ロスカットの割合が高い場合には、もし仮にロスカットが起きるとその後に値上がりしても意味がないので気をつけるようにしましょう。

さらに追証がない取引所やロスカットがほぼない取引所もあるので自分がどれくらいのレバレッジ倍率で取引をするのかによって決めるようにしましょう。

また、取引所のサーバーエラーなどによりロスカットが正常に作動しない場合には借金が発生することもあり、100%借金を回避できるシステムではないことにも注意してください。


仮想通貨FXにおすすめの取引所5つを比較 

取引所レバレッジ倍率取扱通貨追証・ロスカット
GMOコイン最大10倍BTC/ETH/XRP/LTC/BCH追証なしロスカット75%~85%
bitFlyer最大15倍BTC追証80%ロスカット50%
Bitbank Trade最大20倍BTC追証なしロスカット20%
DMM Bitcoin最大5倍BTC/ETH/XRP/LTC/BCH/ETC/NEM追証なしロスカット80%
Bitmex最大100倍BTC/ETH/XRP/LTC/BCH/ETC追証なしロスカット0%


GMOコイン:スマホアプリで簡単に仮想通貨FX 

GMOコイン

  • レバレッジが最大の10倍
  • チャートアプリの「ビットレくん」はとても見やすく、スマホで手軽にFXを始めることができる

 2017年秋あたりから知名度の上がった取引所です。レバレッジが最大10倍で、アルトコインFXもできるのが売りです。

当初の評判は良かったものの、スプレッドの増大や出入金制限、バグの発生など、時折荒れることがあります。

なお、チャートアプリの「ビットレくん」はとても見やすく、スマホで手軽にFXを始めることができます。


レバレッジ:最大10倍

追証:なし(ロスカットアラートで通知)

ロスカット:証拠金維持率75%~85%(レバレッジ倍率により違う)


GMOコインでFXを始める!

 GMOコインの記事はこちら!

GMOコインは日本国内の比較的新しい仮想通貨取引所です。GMOコインの評判は?使いやすい?取り扱い通貨の種類は?気になるポイントをコインオタクがすべて解説します!


bitFlyer:FX初心者にもおすすめの取引所 

bitFlyer

  • セキュリティ世界一、ビットコインの国内最大取引量を誇る大手取引所
  • FX初心者にもおすすめの取引所

 

国内3大大手の一つbitFlyerです。「bitFlyer Lightning」というサービス名でFX取引を提供しています。黒マチャートというタイムラグがほとんどないチャートを採用しています。

黒マチャートについてはこちら!

bitFlyerの公式チャートにも採用された「黒マチャート」は表示に遅延がないゼロレイテンシー(遅延時間ゼロ)チャートです。BTCFXには必須のチャートの見方・使い方・設定方法から線・指標まで詳しく解説していきます!

 開くと音が絶え間なく鳴るのでOFFにするのがおすすめです。

bitFlyerは運営の安定感があり、株主も大企業が多くいるため信頼感が違います。またセキュリティも世界一と言われており、ビットコインの国内最大取引量を誇るので安定したトレードもできます。


レバレッジ:最大15倍

追証:証拠金維持率80%

ロスカット:証拠金維持率50%

bitFlyerでFXを始める!

bitfFlyerの記事はこちら!

「テレビのCMや電車の広告でビットフライヤーって聞いたけど何なんだろう・・・?」「友達が最近ビットフライヤーで何万円も儲けたって話聞いて、始めたいけどなにがなんだかよくわからない(泣)」「リスクっていう仮想通貨が上場してすごいことになったらしいけど。。。」なんて思っていませんか?今回は誰もが一度は耳にしたことのあるbitFlyer(ビットフライヤー)について、網羅的にすべてのことを解説していきます!主要な見出しに対しては詳しく書いてある記事リンクを載せていますので、気になった方はぜひそちらも参考にしてみてください!この記事の要約ビットフライヤーは国内で一番信頼性の高い取引所!仮想通貨初心者はまず登録だけでもOK!ビットコインFX取引も可能で上級者も満足! ビットフライヤーで口座開設をする!目次bitFlyer(ビットフライヤー)とは【bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴1】企業としての信頼性の高さ【bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴2】手数料が安い!【bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴3】取扱通貨は全部で7種類!bitFlyer(ビットフライヤー)のメリットbitFlyer(ビットフライヤー)のデメリット bitFlyer(ビットフライヤー)の登録方法 bitFlyer(ビットフライヤー)の使い方bitFlyer Lightning(ビットフライヤーライトニング)でビットコインFX取引をしよう! bitFlyer(ビットフライヤー)の評価/評判・口コミ bitFlyer(ビットフライヤー)に関するQ&AbitFlyer(ビットフライヤー)まとめbitFlyer(ビットフライヤー)とは bitFlyer(ビットフライヤー)はビットコイン取引量・資本金・ユーザー数において日本一を誇る日本最大級の仮想通貨取引所です。ビットフライヤーどのような会社で、どのような特徴・メリット・デメリットがあり、評判や口コミはどうなのか、ビットフライヤーの使い方など、あらゆる観点から詳しくわかりやすくコインオタクがビットフライヤーについて説明していきます! bitFlyer(ビットフライヤー)の概要会社名  

 

Bitbank Trade:追証なし!金融庁認可の安心なFX取引所 

Bitbank Trade

  • 追証がなく、コールドウォレットとマルチシグによる安全重視のセキュリティが特徴の取引所
  • ロスカット率が20%と低いといった特徴があり、FX取引なのに大きな損失が出にくい

 

Bitbankは追証がなく、コールドウォレットとマルチシグによる安全重視のセキュリティが特徴の仮想通貨取引所です。

bitFlyerよりも大きい20倍までレバレッジをかけることができます。

また、ロスカット率が20%と低いといった特徴があり、FX取引なのに大きな損失が出にくいところが特徴です。


レバレッジ:最大20倍

追証:なし

ロスカット:証拠金維持率20%

Bitbank TradeでFXを始める!

Bitbank Tradeの記事はこちら!


DMM Bitcoin:アルトコインでレバレッジ取引が可能 

DMM Bitcoin

  • 国内取引所で唯一アルトコインのFXが行える取引所
  • DMM Bitcoinを運営しているDMM.comはゲーム、動画コンテンツ、FX証券など幅広い事業を展開する有名企業

 

DMM Bitcoinは国内取引所で唯一アルトコインのFXが行える取引所です。

また、DMM Bitcoinを運営しているDMM.comはゲーム、動画コンテンツ、FX証券など幅広い事業を展開する有名企業です!

中でもDMM.com証券に関しては、日本でFX口座数第1位であり大きなシェアを誇ります!

FXで実績を持つ国内の大企業が運営しているため信頼性はとても高く、今後の開発にも期待ができそうです。

レバレッジ:最大5倍

追証:なし

ロスカット:証拠金維持率80%


DMM BitcoinでFXを始める! 

DMM Bitcoinの記事はこちら!


BitMEX:追証なしで世界最大100倍のレバレッジ取引が可能 

BitMEX

  • 100倍レバレッジと追証なしという他の追随を許さないサービスを展開している海外取引所
  • 日本語には対応している

 

海外取引所です。

100倍レバレッジと追証なしという他の追随を許さないサービスを展開しています。

通貨の単位がXBTだったり、ビットコイン以外にもリップルやADAコインなどアルトコインをFX取引できるなど、日本の取引所には見られないサービスを展開しています。しかも日本語に対応しています。


レバレッジ:最大100倍

追証:なし

ロスカット:証拠金維持率0%(原資が消えたら終わり)


BitMEXでFXを始める!

BitMEXの記事はこちら

目次BitMEX(ビットメックス)とは?【BitMEXの特徴1】最高レバレッジ倍率100倍!【BitMEXの特徴2】レバレッジ取引は追証なし!【BitMEXの特徴3】日本語表示に対応BitMEXのメリットBitMEXのデメリットBitMEXの登録方法BitMEXの使い方!入金・取引の方法を解説BitMEXの出金方法と注意点!BitMEXのQ&ABitMEXまとめ BitMEX(ビットメックス)とは? BitMEXは香港をベースとする仮想通貨の取引所です。海外取引所の中ではそこまでメジャーなわけではありませんが、特徴的なのはそのレバレッジ!最高100倍の倍率は、これまでの国内取引所での取引で満足できなかった人におすすめです。まずは、BitMEXという取引所について詳しく調べてみましょう! ビットコインのレバレッジ取引についてはこちらも参照してください! ビットコインのレバレッジは何倍?取引所の倍率比較やリスク分析も!ビットコインのレバレッジ取引って?ロスカットや税金の計算方法は?各取引所における最大倍率や手数料を徹底比較し、そこから見えてきたビットコインのレバレッジ取引ならではの特徴やリスクを惜しみなく紹介します!続きを読む BitMEXの概要 会社名HDR Global Trading Limited会社所在地Republic of Seychelles (BitMEXオフィス自体は香港)会社HP資本金不明 取扱通貨 XBT, BCH, ETH, ETC, ZEC, DASH, XMR, LTC, XRPの9種類 *XBTはビットコインのことです。BitMEXではXBTという名前の通貨を使い、言わば仮想取引を行っているので、100倍という高倍率のレバレッジが可能になるのです。 【BitMEXの特徴1】最高レバレッジ倍率100倍!

 

Q&A 

仮想通貨FXの税金はどのタイミングで発生する?

2017年11月現在、日本では仮想通貨を円に換えたときに利益分に課税されます。

なので日本円で利益を確定させると税金がかかります。

仮想通貨の税金の詳しい話は、コインオタクの以下の記事をご覧ください!

目次ビットコインでの利益に申告は必要か?いくら税金がかかるの?仮想通貨で利益を出した時の節税方法計算方法と課税についてのQ&Aまとめ ビットコインでの利益に申告は必要か? ビットコインで得た利益はもちろん課税対象です。もし申告しなければ脱税行為とされる可能性があるので気を付けましょう。しかし脱税ではなく節税は違法ではありません!賢く節税して儲けはしっかり確保しましょうね!! 確定申告が必要 普通の会社員の方は年末調整も含めて会社で行われるので納税は会社が済ませてくれますよね。 しかしビットコインによる利益は税務署に確定申告を行う必要があります。これは、1月1日~12月31日までの1年間の所得の計算を行い、翌年の2月16日~3月15日の間に国に対して報告することです。 確定申告の条件 各自で確定申告が必要な類型として大まかに以下の3つに分類することができます。 a.給与の収入金額が2,000万円を超える方b.給与所得や退職所得以外の所得金額(収入金額から必要経費を控除した後の金額)の合計額が20万円を超える方c.2か所以上から給与の支払を受けている方 ビットコインの取引で利益を得た場合(キャピタルゲイン)は、給与所得や退職所得以外の所得に分類されるので、上のほとんどの方がbに該当すると思います。 確定申告の計算 基本の計算は以下のシンプルな式で計算されます。 利益ー必要経費=収入 では次に実際にその収入にいくらの税率がかかるのか見ていきましょう。 所得に応じた税率と控除額に注意せよ! つまりサラリーマンなら20万円が分岐点 確定申告の類型からサラリーマンの方なら20万円以上の利益を上げるかどうかが分岐点になることがわかりますね。そして所得税に関しては所得額により税率が変わる(累進課税)が採用されていることがもうひとつのポイントです! 注:消費税については平成29年度税制改正大綱で仮想通貨の取引に関して2017 年 7 月 1 日より消費税が非課税となりました。(消費税法施行令の一部を改正する政令) いくら税金がかかるの? ビットコイン(仮想通貨)の課税所得と控除額まとめ 課税される所得金額所得税率控除額195万円以下5%¥0195万円ー330万円以下10%¥97,500330万円ー695万円以下20%¥427

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

昔のように買えば上がるものではない今の相場に、仮想通貨FXはおすすめです。

自分にあった取引所を選び、資産を増やして行ってください!

※あくまで投資は自己責任でお願いします。

1;95;0c