加納裕三とはどんな人物?bitFlyer(ビットフライヤー)社長のプロフィールを紹介!

 

現在、CMでよく見るbitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyerを作った加納裕三(かのうゆうぞう)とはどういう人物で、bitFlyerとはどういったものなのか?

bitFlyer社長である加納裕三氏のwiki・プロフィールをこの記事で紹介していきます!



加納裕三氏の生年月日・出身地

生年月日

西暦1976年・昭和51年生まれ

年齢は、1976年生まれなので今年で42歳になります。

誕生日は公開されていませんでした。

出身地

愛知県生まれです。何市かまでは公開されていませんでした。

加納裕三氏の経歴(学歴)を持っているのか?

高校

高校は、愛知県にある高校ということ以外は公開されていないみたいです。

東京大学とのことなので、愛知県で有名な

・東海高校(偏差値~75)

・旭丘高校(偏差値~73)

・岡崎高校(偏差値~72)

・滝高校(偏差値~72)

・一宮高校(偏差値~72)

・刈谷高校(偏差値~71)

あたりと考えられています。

大学

東京大学理科一類で大学院工学系研究科修了しています。

卒業後

東京大学大学院工学系研究科修了後に2001年に米ゴールドマン・サックス証券にエンジニアとして自社決済システムの開発に携わる。

途中BNPバリパ証券を経て、2007年に再度ゴールドマンサックス証券に再入社しました。その時は、デリバティブ・転換社債(CB)トレーダーを務めました。

2014年1月に仮想通貨取引所、株式会社bitFlyerを共同設立しました。

日本ブロックチェーン協会(JBA)の代表も務めています。代表として、2016年の「仮想通貨法」にも携わっています。

加納裕三氏の資産(年収)

資産・年収については公開されていませんが、若くして相当な額を稼いでいるでしょう。

加納裕三氏の結婚はしているのか?

若くして国内仮想通貨取引所の代表取締役に就任している加納裕三氏は結婚しているのでしょうか?

上記の写真のように結婚指輪をしている写真があるので、結婚していると思われます!

しかし、結婚したと公言はしていなく、妻との写真は現在ありません。

bitFlyerを建てた経緯とは?

2001年1月に加納裕三を代表取締役とし、取締役CTOの小宮山峰史氏らと株式会社bitFlyerを共同設立。

Coinbaseの1.17億ドル(約130億円)に続いて、世界第二位の資本金で41億238万円もあり、とても大きな企業として知られております。

では、なぜ株式会社bitFlyerを起業したのか?

仮想通貨がまだ有名になっていない2013年11月のアメリカ合衆国の経済学者のベン・バーナンキ氏が「ビットコインがイノベーションを重ねれば、長期的な発展を遂げる可能性がある」という発言がきっかけとなり、加納裕三氏は仮想通貨に興味を持つようになったそうです。

加納裕三は、仮想通貨に可能性を感じ、僅か2.3カ月で株式会社bitFlyerを起業しました。

元々、加納裕三氏は就職していた時から起業するつもりだったらしいです。

そのため、ゴールドマン・サックス証券という大企業の中で、リーダーシップ・コミュニケーション能力・金融の知識など起業するためのスキルを養ったそうです。


加納裕三氏が起業したbitFlyer(ビットフライヤー)とはどんな会社?

bitFlyerをざっくり解説

国内取引所「bitFlyer(ビットフライヤー)」とは、国内初の仮想通貨取引所で、補償制度を初めて受けた取引所でもあります。

サンフランシスコ(bitFlyer USA)・ルクセンブルク(bitFlyer EUROPE)に新しくオフィスを作りました。

このツイートから最低でも、2年前からヨーロッパ進出を考えていたことが分かります。

また、4月2日にウェブニウム株式会社の発行済み株式を全て取得し、完全子会社化させました

規模がとても拡大しており、現在も多くの人に普及されています。

国内でも最大級の取引量で多くのユーザーに使われています。

最近、地上波でもよくCMを見かけます。もう一度見たい方はこちら!


もっと詳しくbitFlyerを知りたい方はこちらをクリック! 

 

現在の加納裕三氏について

最近の重大発表としてbitFlyerは、オリジナルブロックチェーンの「miyabi」を開発しています。


miyabiとは、bitFlyer独自のブロックチェーンです。

簡単に言うと元々のブロックチェーンの堅牢性を持ちながらも取引や処理速度が世界最速のブロックチェーンです。

4月6日にObjective-C言語の共同開発者のトム・ラブ博士が技術顧問に就任するなどとても盛り上がっているようです。


SNSに乗っている現在の加納裕三氏についてまとめてみました!

Twitter

加納裕三氏は2018年1月にTwitterを登録しました。

Twitterの方では、主に自身の仮想通貨に対する見解やbitFlyerについて、業務内容や人員採用などのツイートがほとんどです。

新しくオフィスを開いたルクセンブルクの社員採用を積極的にツイートしています。

最近では、社員採用のツイートが多くみられます。

人事の執行役員も同時に募集してるみたいです。

bitFlyer・仮想通貨ついてとても有益で貴重な情報がツイートされていますのでフォローするのがいいでしょう。


Facebook

Facebookでも同じような内容がつぶやかれていますね。

Facebookの方では、Twitterより多めにプライベートのことについて書き込まれています!

動物が好きなのでしょうか?bitFlyer社長の加納裕三氏が小動物と戯れるなどの一面が見れます!

加納裕三氏の貴重なプライベートが投稿されているので、是非こちらもチェックしてみてください。


加納裕三氏のまとめ

今回は、ブロックチェーンや仮想通貨関連の重要人物である加納裕三氏のプロフィールを紹介しました。

2018年1月19日~26日のロンドンブロックチェーンウィークにスピーカーとして登壇するなど、海外にも名を轟かしています。

将来的には、仮想通貨と技術としてのブロックチェーンで世界を簡単にするのが目標としています。

上記で述べたようなもの以外にも重大発表があるかもしれないので、今後も加納裕三氏・bitFlyerの動向に目が離せません。


bitFlyerをもっと知りたい方はこちら!

 





CoinOtaku(コインオタク)は「海外の情報が届かない」、「どの情報が重要なのかわからない」、「ウソかホントかわからない」などの日本人仮想通貨投資家の悩みを解決するために、1400以上の仮想通貨のニュースやイベントが一覧できるカレンダー"CoinKoyomi"をリリースしました!ぜひ使って見てください!