仮想通貨Enigma(ENG)とは?特徴・買い方・取引所・将来性・チャート・マイニング・ニュースを解説

現在のEnigma(ENG)のレート



Enigma(ENG)とは?概要・基本情報まとめ

概要

​Enigmaはブロックチェーンを利用した情報管理プラットフォームです。MIT(マサチューセッツ工科大学)の学生達によって、情報のプライベートな送受信と、非中央集権化された管理を可能にするプラットフォームとして開発されました。情報の暗号化による高い機密性が売りで、ユーザーは契約書などの外部に漏らすことが好ましくない情報をEnigmaを介してやりとりできます。

また、Catalyst(カタリスト)という、市場の取引情報を元にした投資プラットフォームもEnigmaは含んでおり、これを利用することで投資ファンドを立ち上げることもできます。

基本情報まとめ

通貨名(通貨単位):Enigma(ENG)

公開日:2017年7月28日​

発行上限枚数:150,000,000 ENG​

取扱取引所:Binance,Huobi,HitBTC

公式サイト:https://enigma.co/

公式ツイッター:https://twitter.com/enigmampc

ホワイトペーパー:https://enigma.co/enigma_full.pdf​,https://enigma.co/enigma_catalyst.pdf​(Catalyst)

ソースコード:https://github.com/enigmampc

blockchain explorer:https://etherscan.io/token/0xf0ee6b27b759c9893ce4f094b49ad28fd15a23e4

bitcointalk(フォーラム):https://bitcointalk.org/index.php?topic=2052215.0

公式ブログ:https://blog.enigma.co/

公式フォーラム(テレグラム):https://t.me/enigmacatalyst

備考:ERC20トークン

Enigma(ENG)の特徴・メリット・デメリット

情報の分散管理と暗号化送受信が可能

​Enigmaはブロックチェーンを使うことによって他人に知られたくない情報の暗号化と安全な送受信を可能にするほか、そういった情報の非中央集権・分散管理も可能にしています。

本来ブロックチェーンには情報を保管する「データベース」としての役割は存在しませんが、Enigmaはオフチェーン(ブロックチェーン外に存在している)データベースとAPIで紐つけをすることで、情報の分散管理を可能にしています。また、その際にデータは暗号化されて記録されるので、自分と閲覧を許可した相手以外のノードからは内容を確認できません

投資プラットフォーム​Catalyst(カタリスト)が使える

Eigmaのもう一つの特徴は、ブロックチェーンを利用した仮想通貨投資プラットフォームCatalystです。Catalystでは、BittrexやBinanceなどの大きな取引所で行われた取引のデータをもとに、自動でトレードを行ってくれるBotの開発が可能になります。実際に自分の作ったBotが成果を上げてくれるか、仮想トレードによってバックグラウンドで実験を行う機能もついています。

Enigma(ENG)の最新チャート!相場からみる価格推移

​ENGのチャートはこのようになっています。MIT発の仮想通貨という鳴り物入りで登場したEnigmaは、リリース直後から0.6ドルとICO通貨にしてはかなり高い価格で取引されていました。その後年末に草コインが注目され始めると、バブルに乗じて最大8.0ドルまで高騰しました。今では仮想通貨全体の暴落に巻き込まれ、1.6ドルとなっています。(4月13日)


【Enigma(ENG)の買い方】取引所で購入する

Binance

Binanceは中国の取引所です。手数料が0.1%ととても安いのが大きな魅力です。

取扱通貨数は70種類以上存在し、その中には将来性が高いわりにまだ低価格なものがかなり多いです。そういったいわゆる草コインを狙い撃ちすることで、一攫千金が狙えるかもしれません。

また、取引所独自のコインBNBを発行していて、BNBで取引を行うと取引手数料が最大0.05%まで安くなります。

Binanceの登録はこちら!

2017年7月の設立以降、驚異的なスピードで成長する仮想通貨取引所Binance。どんな取引所?今後は大丈夫?メリットデメリットと登録方法、使い方は?この記事を読めばBinanceに関する知識はバッチリ!

 

HitBTC

HitBTCは、ICOに強い仮想通貨取引所です。ICO通貨の上場が非常に早く、また、上場直後のICO通貨を先物取引することができるIOU取引というサービスを提供しており、ICO系の通貨に興味のある方には登録しておくことをおすすめします。

HitBTCの登録はこちら!

目次HitBTC(ヒットビーティーシー)とはHitBTCの特徴HitBTCのメリットHitBTCのデメリットHitBTCの登録方法HitBTCの使い方HitBTCのQ&AHitBTCまとめ HitBTC(ヒットビーティーシー)とは HitBTCの概要 HitBTCは海外の取引所で運営会社はHIT Solution Inc.です。取引所はイギリスで登録されているものの、HIT Solution Inc.がどこの国の会社か不明で、詳しく調べても会社に関する情報は出て来ませんでした。現在世界11位の出来高(こちらを参考にしました)(2017年12月27日現在)で、取引所としては2013年から続いており、歴は長めです。取引手数料が0.1%と非常に安いことが特徴です。 取扱通貨 現在BTC,ETH,XRP,NEMなど431種の取引ペア(2018年1月5日現在)が存在します。詳しくは、こちらを見てください。 また、新たに取り扱う通貨をtwitterで募集するという取り組みもしています。 Absolutely amazing community work.We will announce our course of action shortly. Thank you, fellow traders. @vergecurrency @DigiByteCoin pic.twitter.com/4IhaZn0dpg— HitBTC (@hitbtc) September 5, 2017 HitBTCの特徴 手数料が最安クラス HitBTCの手数料は0.1%で海外の取引所の中でも最安の方です。手数料が安いと言われているBittrexやPoloniexなどの取引所でも0.25%ほどなので相当安いといえます。 ICO直後の仮想通貨が多い ICO直後の仮想通貨を数多く取り扱っています。ICO後に真っ先にHitBTCに上場するコインも多く、その中には値段が数倍数十倍になるものも多く存在します。ICOに投資したり草コインを買いたい人などに向いています。その分詐欺のようなコインも中には存在していて、資産がなくなってしまう危険も存在します。 リベートプログラムがある 即時取引の場合は手数料が0.1%ですが、即座に取引が行われなければ0.01%のリベートが付与されます。

【Enigma(ENG)の保管方法】ウォレット

My Ether Wallet

My Ether Walletはイーサリアム系トークンを保管する人の多くが利用しているウォレットで、デスクトップウォレットに分類されます。自分のPCの安全管理に機を使う必要はありますが、かなり安全性は高いです。

ICOトークンの多くはイーサリアム系のものであるため、ICOに興味のある方にもオススメです。

My Ether Walletの登録はこちら!

Ethereum用ウォレットでもっとも有名なMyEtherWallet。ブラウザを経由して手軽に利用できるこのウォレットの仕組みや使い方など人気の理由を解説します!この記事を読んでMyEtherWalletを使いましょう!

Ledger Nano S

Ledjer Nano Sはハードウェアウォレットです。オフラインで秘密鍵を管理しているため、非常に安全性が高いという特徴があります。ただし、人気なため品薄である点、そして値段が1万円弱と少し高い点には注意が必要です。

Ledger Nano Sの購入はこちらから!

Enigma(ENG)の将来性

​Enigmaは共有できるデータの種類が多用であり、非常に応用性の高いサービスであると思います。そのため、今後のマーケティング次第で知名度や利用者が増加する可能性は十分にあるでしょう。

また投資サービスであるCatalystも、ブロックチェーンを利用したトレーディングBot作成というアイデアは非常に斬新なもので、今後の開発に期待できるのではないでしょうか。

Enigma(ENG)まとめ

Enigmaは、情報の安全な共有と、投資のための機能を備えた仮想通貨でした。

まとめるとこんな感じになります。

Enigmaの将来性

  • 情報の安全かつ機密性の高いやりとりが可能
  • Botと市場の情報を利用したトレードに最適
  • 応用性が高く大きな将来性がある