仮想通貨イーソス(ETHOS)とは?特徴・買い方・取引所・将来性・チャート・マイニング・ニュースを解説

現在のイーソス(ETHOS)のレート



イーソス(ETHOS)とは?概要・基本情報まとめ


概要

イーソス(Ethos)は仮想通貨の更なる普及と実用化のために開発された、仮想通貨資産管理プラットフォームです。Bitquenceからリブランディングされました。ウォレットの操作を簡単にすることで、仮想通貨をより実用的にしていくのがイーソスの狙いです。

皆さんの中にもいろんな仮想通貨を取引するために、複数の取引所のウォレットに資産を分散して入れている方がいるのではないでしょうか。そのように資産を分散させていると、当然管理も面倒になってきますよね。そういった面倒くささが仮想通貨の普及への枷になっているのも事実です。しかし、イーソスはその問題を解決してくれる可能性を秘めているのです。

基本情報まとめ

通貨名(通貨単位):イーソス(ETHOS)

公開日:2017年6月13日

発行上限枚数:222,295,208 ETHOS

取扱取引所:Binance、HitBTC

公式サイト:https://www.ethos.io/

公式ツイッター:https://twitter.com/ethos_io

ホワイトペーパー:https://www.ethos.io/Ethos_Whitepaper.pdf

blockchain explorer:https://etherscan.io/token/0x5af2be193a6abca9c8817001f45744777db30756

bitcointalk(フォーラム):https://bitcointalk.org/index.php?topic=1964187.0

公式ブログ:https://www.ethos.io/blog/

公式フォーラム(テレグラム):https://www.t.me/ethos_io

イーソス(ETHOS)の特徴・メリット・デメリット

ユニバーサルウォレットで仮想通貨の管理を簡単に

イーソスのメインの機能に、ユニバーサルウォレットというものがあります。これは、複数の仮想通貨のウォレットを紐つけ、専用のアプリからクリック一つで簡単に操作できるようにしたものです。

そのうち仮想通貨の取引機能もつける予定だそうです。

仮想通貨投資についての議論の場を提供

仮想通貨の投資に対する自分の意見を投稿できるフォーラムも搭載する予定です。投稿にユーザーはいいねすることができ、自分の投稿に多数のいいねを得たユーザーは高ランクユーザーとして他のユーザーと区別されます。そのため、投資の際に誰の意見を参考にすればいいのか、というのがわかりやすくなります。

この機能は、投資の意見交換の場で横行しがちな根拠のないポジショントークをある程度防いでくれるかもしれませんね。

全てのウォレットを一括で管理することにはリスクがともなう

全ての仮想通貨資産をイーソスのアプリで管理できるようになると、確かにものすごく便利でしょう。しかしながら、当然それにはリスクが伴います。

たとえば、アプリをインストールしておいたスマホがハッキングされてしまった!というような場合、全ての資産が盗まれてしまうことに直結しかねません

イーソス(ETHOS)の最新チャート!相場からみる価格推移

​こちらがETHOSのチャートになります。

昨年の12月に草コインが注目されたことにより高騰し始め、1月には最高値の10.8ドルまで値上がりました。その後は仮想通貨全体の暴落に巻き込まれ、現在は2.4ドルまで落ち込んでいます。(2018年4月8日)

他の草コインに比べると高値で売買されており、取引高もかなり高い方ですね。

【イーソス(ETHOS)の買い方】取引所で購入する

Binance

Binanceは中国の取引所です。手数料が0.1%ととても安くなっています。

70種類以上の取り扱い通貨はどれも将来性の高いものばかりで、その多くが高騰を経験しています。

また、取引所独自のコインBNBを発行していて、BNBで取引を行うと取引手数料が最大0.05%まで安くなります。

Binanceの登録はこちら

2017年7月の設立以降、驚異的なスピードで成長する仮想通貨取引所Binance。どんな取引所?今後は大丈夫?メリットデメリットと登録方法、使い方は?この記事を読めばBinanceに関する知識はバッチリ!

 

HitBTC

HitBTCはICO通貨の取り扱いが非常に多い仮想通貨取引所です。上場したばかりのICO通貨の先物取引(IOU取引)が可能なのが最大の特徴で、一攫千金を狙いたい方にはうってつけの取引所と言えるでしょう。

HitBTCはここから!

目次HitBTC(ヒットビーティーシー)とはHitBTCの特徴HitBTCのメリットHitBTCのデメリットHitBTCの登録方法HitBTCの使い方HitBTCのQ&AHitBTCまとめ HitBTC(ヒットビーティーシー)とは HitBTCの概要 HitBTCは海外の取引所で運営会社はHIT Solution Inc.です。取引所はイギリスで登録されているものの、HIT Solution Inc.がどこの国の会社か不明で、詳しく調べても会社に関する情報は出て来ませんでした。現在世界11位の出来高(こちらを参考にしました)(2017年12月27日現在)で、取引所としては2013年から続いており、歴は長めです。取引手数料が0.1%と非常に安いことが特徴です。 取扱通貨 現在BTC,ETH,XRP,NEMなど431種の取引ペア(2018年1月5日現在)が存在します。詳しくは、こちらを見てください。 また、新たに取り扱う通貨をtwitterで募集するという取り組みもしています。 Absolutely amazing community work.We will announce our course of action shortly. Thank you, fellow traders. @vergecurrency @DigiByteCoin pic.twitter.com/4IhaZn0dpg— HitBTC (@hitbtc) September 5, 2017 HitBTCの特徴 手数料が最安クラス HitBTCの手数料は0.1%で海外の取引所の中でも最安の方です。手数料が安いと言われているBittrexやPoloniexなどの取引所でも0.25%ほどなので相当安いといえます。 ICO直後の仮想通貨が多い ICO直後の仮想通貨を数多く取り扱っています。ICO後に真っ先にHitBTCに上場するコインも多く、その中には値段が数倍数十倍になるものも多く存在します。ICOに投資したり草コインを買いたい人などに向いています。その分詐欺のようなコインも中には存在していて、資産がなくなってしまう危険も存在します。 リベートプログラムがある 即時取引の場合は手数料が0.1%ですが、即座に取引が行われなければ0.01%のリベートが付与されます。

【イーソス(ETHOS)の保管方法】ウォレット

My Ether Wallet

My Ether WalletはEthereum系トークンを保管する人ならみんな使っているのではないかと言うほど有名なウォレットです。デスクトップウォレットで、セキュリティは相当高いほうです。秘密鍵も自分で管理するタイプです。なので、ハッキング被害やウイルスに感染したりしない限りは安全です。

My Ether Walletの登録はこちら!

Ethereum用ウォレットでもっとも有名なMyEtherWallet。ブラウザを経由して手軽に利用できるこのウォレットの仕組みや使い方など人気の理由を解説します!この記事を読んでMyEtherWalletを使いましょう!

 

Ledger Nano S

Ledjer Nano Sはハードウェアウォレットです。ハードウェアウォレットはウォレットの秘密鍵をオフラインで管理しているため、ハッキングのリスクが非常に少ないのが特徴です。デメリットとしては価格が1万円弱と少し高いことと、人気で品薄が続いているためあまり買えないことが挙げられます。

Ledger Nano Sの購入はこちらから!

イーソス(ETHOS)の将来性

イーソスは、早い話が「簡単にいろんな通貨が管理できるウォレットを作ろう!」という趣旨のプロジェクトです。しかしながら、複数の主要通貨を同時に管理できるマルチウォレットは既に数多く存在していますそれらを競合として見たときに果たしてイーソスがシェアを伸ばすことができるかが大きく影響するでしょう。

そこで、ただのマルチウォレットにはない「投資についての意見交換フォーラム」や「取引機能」などのイーソス独自の機能をどれだけユーザーにアピールできるかが重要になってくるのではないでしょうか。

イーソス(ETHOS)まとめ

​イーソスは、さまざまな仮想通貨を簡単に同時管理できるようにすることで仮想通貨の更なる普及を目指そうというプロジェクトでした。

イーソスのまとめ

  • ユニバーサルウォレットでさまざまな種類の仮想通貨を管理
  • 他のマルチウォレットとの差別化がカギ