ウェブウォレットって何?メリット・デメリットの両側面から解説!

ウェブウォレットとは

ウェブウォレットとは、仮想通貨のウォレットのうち、サイトに登録して、サイト運営者のサーバー内でウォレット管理をするタイプのものを指します。

取引所のウォレットなどもこれに含まれます。

ウェブウォレットのメリット

アカウントの管理が簡単

ウェブウォレットは、サイトに登録しておけば、自分のメールアドレスとパスワードだけで簡単に登録・管理できるという利点があります。

サイバー攻撃などへの対策は全て運営者任せなので、ユーザーがあえて対策をする必要がありません。強いて言うなら、二段階鍵認証くらいです。

ですから、他のウォレットに比べてお手軽に利用することができます。

ユーザビリティが高い

ウェブウォレットは、サイトにアクセスすれば、いつでも好きな端末からウォレット操作ができます。

家ではPC、外出先ではスマホやタブレットなどを使ってウォレット操作、なんて感じで使い分けも可能です。

ソフトウェアウォレットのように、いちいち同じPCを持ち運んだりしなくていいのはかなり便利ですね。


ウェブウォレットのデメリット

サイトに不具合が生じたときのリスクが大きい

ウェブウォレットは、ウォレットの管理をサイトを通して行います。ですから、サイトにアクセス・ログインできなくなったり、サイトが急にサービスを停止してしまうような状況が発生した場合、資産が凍結されてしまう可能性があります。

また、メリットの項でも述べましたが、ウェブウォレットではセキュリティ管理がサイト管理者や取引所の運営者に一任されています。

ですから、彼らのセキュリティ対策が甘く、サイバー攻撃を受けてしまった場合、資産が盗まれる可能性があります。

また、特に取引所が運営していないウェブウォレットはその可能性が高いです。なぜなら、このような非取引所系のウェブウォレットは、ユーザーサポートやセキュリティ対策に回せる予算が取引所に比べて少ないことが多いからです。

実際に、非取引所系ウェブウォレットではクラッキングによる被害が報告されています。


対応通貨が少ない

これも、非取引所系のウェブウォレットで考えうるデメリットです。

取引所のウォレットでは取り扱い通貨が全て保管できるのに対し、非取引所系のウェブウォレットは対応通貨数が少なく、ビットコインとイーサリアム程度にしか対応していません。

ですから、いろんな種類のアルトコインに手を出そうと考えている人には向かないかもしれません。

ウェブウォレットの注意点

大金は入れないほうがいい

さて、ウェブウォレットのデメリットをいくつか紹介しました。

その中でも一つ目のデメリットに関係するのですが、ウェブウォレットを使う際に注意すべき点があります。

それは、リスクを回避するためにもウェブウォレットには大金を預けないことです。特に非取引所系のウォレットには、少額の決済や送金用の、失ってもたいしたことない額だけを入れるようにしましょう。

ウェブ以外にウォレットを持っておいたほうがいい

ウェブウォレットを使うのであれば、それ以外にも資産の大部分をプールしておくためのウォレットを持っておいたほうが良いでしょう。

安全性を重視するなら、ハードウェアウォレットペーパーウォレットのような、コールドウォレットをおすすめします。

コールドウォレットが選択肢に無いなら、せめてソフトウェアウォレットは持っておいたほうが良いでしょう。

ウェブウォレットではポケットマネー程度の額、残りは他のウォレットで管理するよう心がけることをおすすめします。

安心安全なコールドウォレットについて興味のある方はコインオタクのこちらの記事をご覧ください! 

仮想通貨をもっと安全に保管してみませんか?オフライン式のコールドウォレットなら、ハッキングのリスクを最小限に抑えることができます。ペーパーウォレットの作り方、おすすめのハードウェアウォレットをこのページで紹介!

 


ビットコインのウェブウォレット紹介

ウェブウォレットのなかでも、ビットコインを扱った、非取引所系のものを紹介していきたいと思います。

Blockchain.info

ビットコインの有名なウェブウォレットの中で、唯一日本語に対応しているのがここです。

かなりの老舗で、利用者数もトップクラスです。

また、ビットコインの取引量や、価格推移を確認できるのも便利です。 

Blockchain.infoへ!

BitGo

BitGoは、マルチシグネチャというシステムを導入しており、セキュリティ面が強化されているのが特徴です。

マルチシグネチャというのは、一つのアドレスに複数公開鍵をひもつけるシステムで、これを設定すると、そのアドレスにアクセスするためには複数の秘密鍵が必要になります。

BitGoはここから!他にもビットコインのウォレットは多くあります!

興味がある方はこちらをご覧ください!

「ビットコインを運用したいけど、ウォレットってどれを選べばいいんだろう・・・」そんな悩みを解決するため、ビットコインの保管・運用に必要なウォレットをコインオタクが徹底的に比較・紹介します!


ウェブウォレットQ&A

ウェブウォレットの利用に手数料はかかる?

もちろん送金手数料はかかります。取引所のウォレットなどでは、通貨の種類によって定額のところが多いですね。

Blockchain.infoでは送金手数料を自分で決められますが、あまりにも低く設定しすぎると送金にめちゃくちゃ時間がかかったり、送金してもらえなかったりすることがあります。

取引所系と非取引所系ならどっちの方がいい?

特にこだわりがないのであれば、取引所のウォレット利用をおすすめします

理由としては、第一にセキュリティの信頼性が取引所系の方が高いからです。

取引所、それも特に大手は資金が潤沢で、セキュリティ対策に割く予算が十分にあると考えられ、非取引所系のウェブウォレットに比べてハッキング被害にあうリスクはかなり低いと考えられます。

第二に、運用時に送金手数料を余計に払わなくて済むということも挙げられます。

非取引所系のウェブウォレットに入金していた仮想通貨を、他の通貨に替えようと思ったとき、そのウォレットから取引所のウォレットに入金する際に手数料がかかります。これは二度手間なうえに手数料を余計に取られており、大変もったいないです。

以上の二つの理由から、ウェブウォレットを利用するのであれば、取引所のウォレットだけにした方がいいでしょう。

ウェブウォレットまとめ


便利な側面とリスキーな側面のどちらもあるのがウェブウォレットです。不正にログインされたりハッキングされたりして資産を全て盗まれたという話も聞くので、利用する際には用心してください。

また、利用される際には二重鍵認証などでしっかりハッキングたいさくを講じておくことも重要です。