仮想通貨VeChain(ヴィチェーン・VEN)とは?特徴・買い方・取引所・将来性・チャート・マイニング・ニュースを解説

当サイトで申し込みの多い人気取引所はこちら!
取引所 特徴 公式HP
FX取引高世界一のGMOインターネットが運営する国内最大の販売所。手数料は基本すべて無料!初心者はまずココ!
国内で唯一リップルやビットコインキャッシュのFXができる取引所。
いまなら口座開設だけで1000円もらえるキャンペーン中!
国内では珍しくアルトコインを取引所形式で購入できる場所。
少しでも仮想通貨を安く購入したいトレーダーに人気!




現在のVeChain(VEN)のレート



VeChain(VEN)とは?概要・基本情報まとめ


概要

VeChainはブロックチェーンの改ざん出来ないという特徴を利用して商品の追跡を行えるプラットフォームです。

そのため、ブランド品などの商品の真贋を確かめることができるようになります。


基本情報まとめ

通貨名(通貨単位):VeChain(VEN)

公開日:2017年8月15日

発行上限枚数:873,378,637 VEN

取引認証システム:Proof of Authority(PoA)

備考:ERC20

取扱取引所:Binance,Huobi,Liqui,HitBTC

公式サイト:https://www.vechain.com/

公式ツイッター:@vechainofficial

ホワイトペーパー:https://cdn.vechain.com/vechain_ico_ideas_of_development_en.pdf

ソースコード:https://github.com/vechain

blockchain explorer:https://etherscan.io/token/0xd850942ef8811f2a866692a623011bde52a462c1

bitcointalk(フォーラム):https://bitcointalk.org/index.php?topic=2233779.0

公式フォーラム:https://www.reddit.com/r/Vecha…


VeChain(VEN)の特徴・メリット・デメリット

商品の真贋を確かめられる

中国や中東などでは偽物のブランド商品が出回っています。騙されて偽物のブランド商品を買うという被害が後を絶ちません。

これを防ぐためにVechainではNFCチップという正規品を識別できるチップを埋め込み、そのチップの情報をブロックチェーンで管理することでそれが正規品であることを証明します。

ブロックチェーンが改ざん不可能であることからNFCチップがあれば商品が本物であると言えます。

ユーザーはスマートフォンをそのチップをスキャンするだけでその商品がどこで誰に作られたか、やどのような経緯を辿って自分のもとに届いたかを知ることが出来ます。

メーカーとしてもどの商品がどのような流通をしているのか知ることが出来て、ユーザーとしても偽物を掴まされるリスクが減るというメリットがあります。

活用例

高級品

VeChainは、ヨーロッパの有名ブランドと協力してNFCチップを皮革製品に組み込み、改ざんの出来ない偽装防止を実現しています。これらのチップを使用してブロックチェーンで管理することで製品を追跡しライフサイクル管理を改善出来ます。消費者は、VeChainモバイルアプリケーションまたはNFCリーダーを使用して内蔵チップをスキャンするだけで、製品の出来た背景や開発者の理念、どのようにして運ばれてきたかなど、製品の「ストーリー」を知ることが出来ます


農業

肥料や農薬など信頼性の低い中国の農業では生産から流通過程までを管理する需要が高いです。

VeChainは、IoTデバイスと組み合わせてブロックチェーン対応のクラウドサービスを提供しています。IoTデバイスによって管理された環境における農作物の正確なデータがモニタリングされ、クラウド上で更新されます。ここにブロックチェーン技術を使っているので嘘の情報を流すことは出来ません。また、ブロックチェーンは誰でも見ることが出来るので農業企業がより良い作物の育て方を知ることができ、作物の質と量が上がると同時に環境への悪影響を最小限に抑えることが出来ます。


物流

製造業者、物流、保管、小売業者、流通業者の各企業で構成されているサプライチェーンでは、全ての会社は各々の倉庫をもっており、独自の管理体制でモノを管理しています。VeChainではブロックチェーンを使用することで各社のデータのプライバシーを守りながら会社間の情報の流れを強めます。そのため、物流プロセスが効率的になり、新たなビジネスモデルが生まれる可能性があります。


政府

政府機関はノードとしてブロックチェーンに参加します。データが分散化されて管理されると同時に変更が不可能になります。これにより透明な情報交換と政府間の協力が可能になり、インターネット上の政府のサービスのセキュリティと効率が大幅に上がります。


食べ物・医療

食料や医薬品の安全性は世界的に大きな関心事です。VeChainでは、食品と医薬品の一意のIDが作成されて全てのものを生産からデジタル化し、消費者に届くまでを追跡できます。これによって商品は国境を超えて小売店に売り出され、どこにおいてあっても消費者は購入前にその商品の信頼性を高めることが出来ます。


ICOプラットフォーム

VechainではイーサリアムやNEOのようにスマートコントラクトを搭載しています。

IoTとの連携でイーサリアムやNEOとは違う形のサービスを実現できます。


リブランディング

2月26日にリブランディングが行われました。

主な変更点としては名前がVeChainからVeChain Thorに変更することと、トークンが以下の2つのトークンに分かれたことです。

VeChain Toke(VET)

企業間の支払いに使われるトークンで、持っているトークンの量に応じて優先順位が高くなります。

Thor Power(THOR)

VeChainに投資したい個人用のトークンです。VETを保有するかマスターノードを立てるともらえます。NEOで言うGASのようなものです。


VeChain(VEN)の最新チャート!相場からみる価格推移

2017年11月18日に1VEN=$0.2655で取引が開始されました。取引開始後価格は上昇を続け、1月20日に最高値1VEN=$8.64を記録しました。その後は反動で価格が暴落し、2月6日には1VEN=$3.43まで落ちましたが、再び上昇し2月21日には1VEN=$6.46まで価格が上がりました。現在はその反動で暴落し、1VEN=$2.43です。

(2018年3月30日現在)


【VeChain(VEN)の買い方】取引所で購入する

Binance

Binanceは中国の取引所です。手数料が0.1%ととても安くなっています。

取扱通貨数は70種類以上で、最近価格が上っているものを多く含んでいるので、Binanceに上場されている通貨には、注目です。一攫千金が狙えるかもしれません。

また、取引所独自のコインBNBを発行していて、BNBで取引を行うと取引手数料が最大0.05%まで安くなります。

Binanceの登録はこちら!

2017年7月の設立以降、驚異的なスピードで成長する仮想通貨取引所Binance。どんな取引所?今後は大丈夫?メリットデメリットと登録方法、使い方は?この記事を読めばBinanceに関する知識はバッチリ!

 Huobi

香港を拠点とする取引所で、Binanceのように独自トークンHuobi Tokenを発行しています。

取引手数料は0.2%で、Huobiトークンで支払うと0.1%になります。

Huobiの登録はこちら!

【VeChain(VEN)の保管方法】ウォレット

My Ether Wallet

My Ether WalletはEthereum系トークンを保管する人ならみんな使っているのではないかと言うほど有名なウォレットです。デスクトップウォレットで、セキュリティは相当高いほうです。秘密鍵も自分で管理するタイプです。なので、ハッキング被害やウイルスに感染したりしない限りは安全です。

My Ether Walletの登録はこちら!

Ethereum用ウォレットでもっとも有名なMyEtherWallet。ブラウザを経由して手軽に利用できるこのウォレットの仕組みや使い方など人気の理由を解説します!この記事を読んでMyEtherWalletを使いましょう!

 

Ledger Nano S

Ledjer Nano Sはハードウェアウォレットです。ハードウェアウォレットのセキュリティはペーパーウォレットと同じく最も高いです。デメリットとしては価格が高いことと人気であまり買えないことです。


Ledger Nano Sの購入はこちらから!



VeChain(VEN)の将来性

VeChainは、中国の会社ながら日本の仮想通貨交換業者として金融庁に認められているBitoceanとパートナーシップを結んでいます。

また世界でも24000店舗以上を保持しているコンビニと提携したと発表され、それがファミリーマートであるのではないかと噂されました。

極めつけは中国政府と提携を結んだことです。中国のタバコ産業を独占する国営の企業と提携を結びました

このように開発陣のマーケティングはかなり強く今後もそのような発表のたびに価格は上っていくのではないでしょうか。



VeChain(VEN)まとめ

VeChainはブロックチェーンの改ざん出来ないという特徴を利用して商品の追跡を行えるプラットフォームです。

主な特徴は以下の3つです。

VeChainまとめ

  • 商品が偽物かどうか確かめられる
  • ICOプラットフォームにもなる
  • IoT技術も活かし、食品・医療など様々な分野で商品の信頼性を高める

 

1;95;0c