仮想通貨AirSwap(エアスワップ・AST)とは?特徴・買い方・取引所・将来性・チャート・マイニング・ニュースを解説

当サイトで申し込みの多い人気取引所はこちら!
取引所 特徴 公式HP
FX取引高世界一のGMOインターネットが運営する国内最大の販売所。手数料は基本すべて無料!初心者はまずココ!
国内で唯一リップルやビットコインキャッシュのFXができる取引所。
いまなら口座開設だけで1000円もらえるキャンペーン中!
国内では珍しくアルトコインを取引所形式で購入できる場所。
少しでも仮想通貨を安く購入したいトレーダーに人気!



現在のAirSwap(AST)のレート



AirSwap(AST)とは?概要・基本情報まとめ


概要

AirSwapはイーサリアムのブロックチェーンで発行されたトークン(ERC20)同士を、イーサリアムのスマートコントラクトを使い、当事者間(P2P)で不正なく取引出来るプラットフォームです。

CoincheckやbitFlyerなどの取引所のような中央集権管理者がおらず、当事者間での取引なので、第三者を信頼する必要がありません

実際の売買には、「Swap」と呼ばれる分散型トレードプロトコルを使用しています。イメージとしては、トークンのフリーマーケットのようなものです。


基本情報まとめ


通貨名(通貨単位):AirSwap(AST)

公開日:2017年9月26日

発行上限枚数:500,000,000 AST

備考:ERC20

取扱取引所:Binance,Huobi,Liqui,EtherDelta

公式サイト:https://www.airswap.io/

公式ツイッター:@airswap

ホワイトペーパー:https://swap.tech/whitepaper

ソースコード:https://github.com/airswap

blockchain explorer:https://etherscan.io/token/0x27054b13b1b798b345b591a4d22e6562d47ea75a

bitcointalk(フォーラム):https://bitcointalk.org/index.php?topic=2208855.0

公式ブログ:https://blog.airswap.io/

公式フォーラム:https://medium.com/@airswap

AirSwap(AST)の特徴・メリット・デメリット

分散型トレードプロトコル「Swap」

Swapは、ハッキングリスクがあり取引手数料の高い中央集権的な取引所の問題点と、注文・予約・キャンセル全てに手数料がかかり所有者・取引量などがネットワークに公開されるというDEXの問題点の両方を解決したプロトコルです。

 DEXの詳しい仕組みがわからない方はこちらの記事を御覧ください。

目次分散型取引所(DEX)とは分散型取引所のメリット分散型取引所のデメリット分散型取引所を利用したプラットフォーム3選まとめ 分散型取引所(DEX)とは 分散型取引所(DEX)とは、中央管理者を介さず、個人間で直接仮想通貨のやりとりができる取引所のことです。ちなみに、DEXはDecentralized EXchangeの略です。最近注目され始めている次世代型の取引所ですが、その仕組みを説明するために現在主流になっている中央集権取引所との違いに注目しながら見ていきたいと思います!! 中央集権型取引所の仕組み BittrexやPoloniex,Coincheckなどに代表される現在主流の中央集権型取引所では、それぞれの取引所を運営する中央管理者が存在します。多くのユーザーは取引所に連携しているウォレットを利用したり、アカウント発行を取引所内で行ったりするため、その取引所に対して秘密鍵や個人の仮想通貨の資産を預けている形になっています。つまり、ユーザーは取引所という場所をお金や個人の情報預けても大丈夫だと信用しています。しかし、MtGox事件などに見られるように、中央集権型取引所は人の手で運営されているため、内部不正や外部からのハッキングなど様々な危険を孕んでおり決して安全だと言えなくなっています。絶対公平による安全性の高さが評価されているブロックチェーン技術を利用した仮想通貨が、実は安全ではなかったなんて矛盾してますよね(笑) マウントゴックス(MtGox)で資産ゼロ? リスクを知らないのは超危険!世界最大のビットコイン交換所が破綻したマウントゴックス事件。流行にのって適当に取引を始めると大変なことになるかもしれません。自分の資産を守るために知っておく、マウントゴックス事件の概要とその後について解説します!続きを読む 1月26日にはなんとあのコインチェックで、580億円相当のNEMが盗まれるという、大規模なハッキング事件がありました。国内の取引所で、ある程度信頼度も得ていたコインチェックでもハッキングが起こってしまったので、やはり中央集権型の取引所に全信頼をおいてしまうのは危険なように感じます。 分散型取引所の仕組み

 

Indexerを使った取引

  • Maker:売り買いの注文をする人
  • Taker:注文を見て売買したいものを選び、取引相手になる人
  • Indexer:売り買いの情報を管理するプログラム

取引の流れは、

  1. Makerが売り買いの注文を作りIndexerに送る
  2. TakerはMakerの作った情報をIndexerに要求
  3. Indexerが注文一覧を整理してTakerに送る
  4. Takerはその注文の中で売買したいものを選びMakerと直接取引する

という流れになっています。

その結果、以下のようなメリットがあります。

  • ​上の1~3がオフチェーンで行われ、ブロックチェーンに乗っけるのは4の取引だけなのでトランザクションが減らせ、取引手数料もかかりません
  • また、個人情報や秘密鍵の管理を取引所が行うわけではないので、セキュリティコストが安くなります


オーダーブックを採用していない

Swapを使った取引では、オーダーは全てIndexerが管理しているため、オーダーブックを採用していません。現在主流のDEXである0xやEtherDeltaなどはオーダーブックを作成するのにコストや時間がかかります

AirSwapではオーダーブックを採用していないため手数料がかからず、また注文はオフチェーンで行われるため、約定するまでのプロセスを事前に第三者に知られることがありません

その結果、以下のようなメリットがあります。

  • ​大手の取引所などで、顧客の注文を一旦保留して自分の注文を流し、その後に顧客の情報を流すことで価格を高騰させ自分は売り抜けるという不正な取引を作る、フロントランニングを防止できます。
  • また、オーダーブックを採用していないため、他人のオーダーを見てから価格を決める(他の注文よりも少し高くだしたり安くだしたり)ことができないので、競合して価格が適切でなくなる可能性がありません。


オラクルAPI

オラクルが過去の取引履歴や他の人の取引価格を参考にして自動で価格を提示してくれます。

しかしこれはあくまで提案であり、必ずしもその価格で取引する必要はありません


AirSwapのメリット

安全性が高い

中央集権的な取引所に資産を預けることは、取引所が攻撃されたときに自分の資産を守ってくれるか、内部不正がおきないかどうかなど、取引所を信頼しなければいけないということです。

AirSwapでは分散化されており、資産を取引所に預ける必要がないので、自分の資産を自分で守ることが出来ます

匿名性が高い

ブロックチェーンはP2Pでの価値移転をするための技術として開発されました。AirSwapでは匿名性を保ちながら誰でも安全に取引が出来るようにブロックチェーンを採用しています。

公平な取引が出来る

既存の取引サービスでは、フロントランニングや、オーダーブックを見てから価格を決めるため競合状態になることに苦しんでいます。

AirSwapではSwapプロトコルによって、これらの問題を回避して公平な取引を行うことが出来ます


AirSwap(AST)の最新チャート!相場からみる価格推移

2017年10月22日に1AST=$0.247で取引が開始されました。その後しばらくは価格に大きな変動はありませんでしたが、12月の中旬ごろから価格は徐々に上昇を始め、2018年1月上旬から高騰しはじめました。

1月9日に最高値1AST=$1.85を記録し、そこからその反動で価格は暴落し始め、現在は1AST=$0.25~0.35程で停滞しています。

(2018年3月26日現在)


【AirSwap(AST)の買い方】取引所で購入する

Binance

Binanceは中国の取引所です。手数料が0.1%ととても安くなっています。

取扱通貨数は70種類以上で、最近価格が上っているものを多く含んでいるので、Binanceに上場されている通貨には、注目です。一攫千金が狙えるかもしれません。

また、取引所独自のコインBNBを発行していて、BNBで取引を行うと取引手数料が最大0.05%まで安くなります。

Binanceの登録はこちら! 

2017年7月の設立以降、驚異的なスピードで成長する仮想通貨取引所Binance。どんな取引所?今後は大丈夫?メリットデメリットと登録方法、使い方は?この記事を読めばBinanceに関する知識はバッチリ!

 

Huobi

香港を拠点とする取引所で、Binanceのように独自トークンHuobi Tokenを発行しています。

取引手数料は0.2%で、Huobiトークンで支払うと0.1%になります。

Huobiの登録はこちら!

 

【AirSwap(AST)の保管方法】ウォレット


My Ether Wallet

My Ether WalletはEthereum系トークンを保管するウォレットの中で一番有名なデスクトップウォレットです。セキュリティは相当高く秘密鍵も自分で管理するタイプなので、ハッキング被害やウイルスに感染したりしない限りは安全です。

My Ether Walletの登録はこちら!

Ethereum用ウォレットでもっとも有名なMyEtherWallet。ブラウザを経由して手軽に利用できるこのウォレットの仕組みや使い方など人気の理由を解説します!この記事を読んでMyEtherWalletを使いましょう!

 

Ledger Nano S

Ledjer Nano Sは最も有名なハードウェアウォレットの一つです。ハードウェアウォレットのセキュリティはペーパーウォレットと同じく最も高いです。

デメリットとしては価格が1~2万程度で少し値が張ることと人気であまり買えないことです。

Ledger Nano Sの購入はこちらから!



AirSwap(AST)の将来性


今までの板取引では取引量のめちゃくちゃ多い取引では、チャートに影響を与え、思い通りの価格で取引することは難しかったです。しかし、AirSwapでは個人間の取引なので自分の好きな価格で取引を行うことが出来ます。ですが、MakerとTakerの取引量を一致させる必要があったり自分たちで価格を決めなければならないなどの面倒臭さから取引において一般的に広く使われるようになるとは正直思いません。しかし、普通の取引所では価格に影響を与えてしまうような大口の投資家たちが使うプラットフォームとしての発展はあるのではないでしょうか。

また、これはDEX全般に言えることではあるのですが、個人情報の登録がないことからマネーロンダリングに使えたり麻薬の売買に使われるようなことも問題かと思います。


AirSwap(AST)まとめ

​AirSwapはERC20トークン同士をP2Pで不正なく交換出来るサービスです。

Swapというプロトコルを使いDEX、中央集権的な取引所のどちらのデメリットも解消しています。

AirSwapまとめ

  • 取引手数料がかからない
  • トランザクションが減らせる
  • 個人情報を管理してないためセキュリティコストがかからない
  • オフチェーンで匿名性の高い取引が行える
  • 公平な取引が行える

 

1;95;0c