仮想通貨取引所の手数料 ビットコインやアルトコインを購入するにはどの取引所がおトク?

今話題の仮想通貨投資をはじめてみたいけれど仮想通貨の取引所がたくさんありすぎて困る、どこを使えば手数料を安く抑えられるのか分からない。。。このような悩みを抱える人は多いでしょう。

そこでこの記事では仮想通貨初心者のために、手数料が安くておすすめの取引所を解説していきます。この記事を読み終わるころには、どの取引所を使うべきか完璧に理解していることでしょう!


取引所と販売所の違い

まず取引所の手数料について考えるうえで絶対に理解しておかなくてはいけないことが、取引所と販売所についてです。

仮想通貨を買おうと思ったら取引所か販売所から購入することが可能ですが、その違いを説明します。簡単に言うと


取引所は、個人と個人が仮想通貨の売買をすることのできる場所

販売所は、bitFlyerやコインチェックなど、運営会社から直接購入できる場所


です。これがどのような違いに繋がるかと言うと次の項で説明するスプレッドが販売所の方が大きいため、販売所の売買では儲けるのが難しくなっています。安く買いたいなら取引所、手数料がかかってもいいので楽に早く買いたいなら販売所を使うのが良いでしょう。

詳しくは以下のページに説明があるので気になる人はチェックしてみてください。 

目次ビットコインを始めてみよう!販売所とは?取引所(交換所)とは?違い①販売所と取引所の価格差違い②取引相手結局どっちを使えばいいの?まとめ ビットコインを始めてみよう! ビットコイン、最近話題になってるしちょっとずつ名前聞くようになってきたけどまだよくわからない、、、 今回はそんな初心者向けの記事です!ビットコインを少し調べると必ず出会う単語「取引所」「販売所」について、わかりやすく解説していきます! 販売所とは?取引所(交換所)とは? まずあらかじめ断っておきましょう。ビットコインとはあくまで仮想通貨の1つ(通貨の中のUSドル、みたいな感じです)なので、今後は仮想通貨、と呼んでいきますね。 さて本題です。まずは、販売所と取引所を一言で説明してみましょう。仮想通貨において、 販売所とは、仮想通貨を店から購入する「売店」 取引所とは、仮想通貨を客同士が売買する「市場(いちば)、バザー」 のようなものです。また、取引所は交換所とも呼ばれますが、一般には「取引所」の方で呼ばれることが多いですので、本記事では今後は「取引所」を用いていきます。 具体的に説明していきましょう。 販売所とは、仮想通貨を販売所運営会社から直接購入できる場所のことです。販売、というと購入しかできないのか?と思われそうですが、実は通貨を売ることもできます。 取引所とは、人々が仮想通貨を売り買いする場所のことです。これには私たちも参加することができます。そこでは私たちが自分が所有している仮想通貨に値段をつけてそれを売ることができます(自分たちで値段を指定して売買することからこの仕組みを「指値(さしね)注文」と呼びます)。 実際の取引所のサイトはこんな感じです。「買い板/売り板」の部分が人々が指値注文をした履歴です。 ちなみにこれは国内最大手の取引所「コインチェック」の写真です。 このコインを買う・売るなど書いてある部分が販売所に相当する部分です。 では、販売所と取引所はどんな違いがあるのか?詳しく説明していきましょう。 違い①販売所と取引所の価格差

 

手数料について気を付けるべきこと

手数料と一概に言っても、様々な種類の手数料があります。「手数料を安くしたい!」と考えても、そもそもどのような手数料があるのかを把握しておかないと実は損をしていたということになりかねないので、ここで手数料について勉強しておきましょう。

おもな手数料としては以下の6つがあります。

各種手数料

  • スプレッド
  • 取引(売買)手数料
  • 入出金手数料
  • FX手数料
  • 送金手数料
  • クレジットカード購入手数料

 

まず、手数料にはこの6つが存在することをしっかり理解したうえで、それぞれも手数料についてみていきましょう。特にスプレッドと取引手数料は重要なのでしっかり内容を理解してください。

スプレッド

スプレッドとは売値と買値の差額のことを指し、このスプレッドにより、取引所運営会社は収益の大半をあげています。スプレッドは投資家にとって実質的に手数料と同じような意味を持つので注意しておきましょう。

取引所、販売所双方にスプレッドは存在するのですが、取引所のスプレッドは極少なのに対し、販売所のスプレッドは非常に大きいものとなっています。取引所のスプレッドに関しては無視できる程度のものなので、ここでは販売所のスプレッドについてみていきます。

具体的に見てみましょう。下のbitflyerのビットコイン販売所の購入価格、売却価格を見てください。

購入価格が約121万円なのに対し、売却価格は約118万円となっています。

つまり、この時点で販売所において、もし1btcを購入し即座に売却した場合約3万円の損失が出てしまいます。そしてこの3万円が、取引所運営会社の利益となるのです。

最近、多くの取引所運営会社が取引手数料0円キャンペーンというものをやっていますが、手数料が0円でもスプレッドが大きければ実質的に割高な手数料を払っていることになるので、販売所で仮想通貨を売買するのは避けた方が良いでしょう。

取引(売買)手数料

仮想通貨を購入または売却するたびに、取引所に対し一定の手数料を支払う必要があります。この手数料のことを取引手数料と呼ぶのですが、仮想通貨取引をする上で一番に気をかけるべき手数料です。取引手数料は当然取引ごとにかかる手数料なので、少しでも安い手数料の取引所を選ぶべきと言えます。

ただし、取引手数料以外にも、サーバーの強さや、取引所のセキュリティの高さなども重要で、手数料が安いからといってサーバーが極端に弱い取引所や、セキュリティが弱い取引所を使用してしまうと、取引をしたいタイミングでサーバー落ちのために取引ができなかったり、ハッキングによってせっかく稼いだ儲けがなくなってしまったり、などが起こりうるのでその点には注意しましょう。

コインオタクでは、手数料以外の様々な観点からもどの取引所がおすすめなのか紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

「最近話題の仮想通貨をやってみたいけど、どこの取引所を使えばいいのか全然分からない…」そうお悩みではありませんか?それぞれの取引所について詳しく調べたいけどそんな時間もないし、取引所のおすすめ度を簡単に知ることができたら嬉しいですよね。そこで、仮想通貨を1000万円以上持つ4人を含む東大生30人が国内外20社以上の著名な仮想通貨取引所を徹底的に比較・議論し、さらに初心者である友人に実際に口座開設し運用してもらったリアルな口コミを元に、本当におすすめできる取引所をランキング形式でご紹介します!しかも、おすすめの取引所だけでなく、記事後半では投資に役立つ情報サイト、おすすめの仮想通貨、投資における注意点などもお伝えします。この記事を読めば、必ずあなたにピッタリの仮想通貨取引所が見つかります!この記事を読んだら分かること仮想通貨取引所選びで重要な5つのポイントコインオタクが選ぶオススメ国内・海外取引所各取引所の特徴・詳細な評価利用目的ごとのおすすめ取引所仮想通貨取引で重要な知識 目次初心者も安心!仮想通貨取引所の選び方5ポイント2018年版!初心者におすすめの国内仮想通貨取引所ランキング結局どの仮想通貨取引所の口座を開設すればいい?国内仮想通貨取引所全18社を徹底比較【玄人用】海外仮想通貨取引所おすすめランキングTOP5アルトコインを購入したい初心者にはcoincheck(コインチェック)自動積立を使って低リスクでビットコインを入手するならZaif(ザイフ)リスクを抑えたレバレッジ取引をするならbitbank Trade(ビットバンクトレード)ハイリスクなレバレッジ取引をするならBitMEXMT4取引をするならBITPOINT(ビットポイント)これから仮想通貨(ビットコイン)投資を始める人へ仮想通貨初心者はボラティリティについて理解すること仮想通貨の口座開設でどこまで損する可能性がある?仮想通貨初心者におすすめの購入通貨仮想通貨投資で役立つ情報収集サイト最初は現物での中長期保有がオススメまとめ 初心者も安心!仮想通貨取引所の選び方5ポイント コインオタク編集部の考える、仮想通貨投資を安全かつ簡単にそして出来るだけ儲けられる可能性を最大化するために重要なポイントは次の5点です!

 

入出金手数料

仮想通貨を購入するためには、銀行から仮想通貨取引所に日本円を入金する必要があります。また、取引所内で仮想通貨を売却して現金として使えるようにするためには出金する必要があります。

それらの入出金に対し、取引所によっては手数料がかかる場合があります。一回あたり数百円の手数料とはいえ、積もり積もると大きな負担となってしまいます。ただ、取引手数料と異なり入出金をなるべくまとめるように心がければ良い話なので、それほど気にしすぎる必要はないでしょう。

FX手数料

現在国内取引所の大半はFX手数料が無料となっています。ただしFX取引はレバレッジをかける分、自分の予想と逆の相場となった場合損失が一気に拡大するリスクもあり仮想通貨初心者にはおすすめできません。現物での取引に慣れてから初めて、検討してみると良いでしょう。

送金手数料

こちらも仮想通貨取引初心者には気の早い話ではありますが、今後取引に慣れて、「国内取引所だけでは物足りない!海外取引所をつかってガンガン取引をしたい!!」と考えるようになった時に意外と重要になってくるのが、送金手数料なので軽く紹介します。

海外取引所において仮想通貨を購入する場合日本円は扱えないことが多いので、日本円で国内取引所でビットコインを購入し、国内取引所から海外取引所にビットコインを送金してビットコインで仮想通貨を購入することが一般的です。その際、国内取引所から海外取引所に対し送金する際に手数料が発生し、それを送金手数料と呼びます。

とりあえず、そのようなものがあるのだなぁということさえ理解できれば大丈夫です。

クレジットカード購入手数料

金融機関から入金をしなくても、取引所によっては仮想通貨をクレジットカードで購入することができます。

ただし、クレジットカードで購入する場合、通常の取引手数料に加え約10%の手数料を追加で取られることがあります。

また、アメリカではJPモルガンやメリルリンチといった大手金融機関では、相次いでクレジットカードでの仮想通貨購入を禁止しておりこの流れは日本にもやってくることが予想されます。

よほどのことがない限り、クレジットカードで仮想通貨を購入するのは避けた方が良いでしょう。

手数料を安くするためには

  • なるべく取引所を使う
  • 出入金はまとめて行う
  • 送金をこまめに行うのを避ける
  • クレジットカード取引はさける

 


通貨別 取引所手数料比較

上記で手数料について説明した際に、取引手数料に注意すべきと言いましたが、ではどの取引所が一番手数料が安いのでしょうか?

同一取引所でも、どの仮想通貨を購入するかにより手数料は変わるので通貨ごとに調べてみました。

とりあげた通貨は、ビットコイン(BTC)、リップル(XRP)、イーサリアム(ETH)、モナコイン(MONA)、NEM(ネム/XEM)、ビットコインキャッシュ(BCH)、リスク(LISK)、イーサリアムクラシック(ETC)です。

ビットコイン(BTC)を購入するなら、zaifがおトク!


ビットコイン(BTC)の手数料が一番安い取引所はどこかというとzaifです!基本的に手数料は0%以上だとみなさん考えているでしょうが、zaifの取引手数料はなんと-0.05%~-0.01%なので、取引をする度に取引所から手数料を貰えるという非常におトクなシステムになっています。

zaifは大手の取引所で倒産リスクも少なくセキュリティ対策もしっかりしているので、そのような観点からもぜひ登録しておくべき取引所だといえます。



zaifに関してコインオタクが詳しく解説をしているので、興味のあるかたはこちらもご覧ください。 

 

zaifに登録して取引をはじめよう!


各取引所ごとの取引手数料、スプレッドを比較してみました。ぜひ参考にしてみてください。(2018年3月11日段階のデータをもとにコインオタクが作成)

取引所名取引所の売買手数料販売所スプレッド
zaif-0.05~0.01% 4.81%
ビットバンク 0% ×
BTCBOX0%×
QUOINEX0%×
コインチェック
0%1.78%
フィスコ仮想通貨取引所 
0%3.01%
bitFlyer  
0.01~0.15%  1.19%
ビットトレード .0.20%×
GMOコイン
×1.35%
DMM Bitocoin×1.68%

またコインオタクではビットコインを取引するのに適した取引所を手数料以外にも、様々な観点から解説しているのでぜひこちらもご覧ください。

 

目次【ランキング】国内全取引所を比較!【信頼・安全度編】おすすめランキング【現物手数料編】おすすめランキング【使いやすさ編】おすすめランキング【取引通貨数編】おすすめランキング【取引高編】おすすめランキング【レバレッジ編】おすすめランキング国内の全取引所比較&一覧!【ランキング】海外取引所一欄&比較取引を始めよう!アカウント開設の方法取引所間の価格差から儲ける方法隠れた手数料…スプレッドに注意!Q&Aビットコイン取引所まとめ 【ランキング】国内全取引所を比較! 「流行りのビットコインで儲けたい…!」そんな風に思っている方は多いと思います。しかし、ビットコインを取引して儲けるにはまず第一にビットコインを手に入れなければなりません。ビットコインを手に入れ、そして取引し、利益を出すことができるのは、取引所においてです。 この記事ではコインオタクがおすすめするビットコインの取引所をカテゴリー別に徹底的に解説します! また気になる取引所があれば下にあるリンクから早速アカウントを開設してみましょう!アカウントの開設方法は後で詳しく解説しているので、そちらも参照しながら登録を進めてみてください。 【信頼・安全度編】おすすめランキング ビットコインを取引する上で、取引所が信頼できず、セキュリティ面がしっかりしていないと自分のビットコインをすべて失うなんてことにもつながりかねません。取引所が信頼するに足り、セキュリティもしっかりしているかどうかを確認してから使うといいでしょう。 ① 取引所の運営会社の規模が大きいか 大きな会社の方が資産が豊富なので、仮に何らかの形で自分のビットコインが失われても補填をしてくれる可能性が高いですし、セキュリティ機能などを充実させることができるでしょう。また、財務的に不安定な会社は倒産しやすいので、倒産すれば自分のビットコインがなくなってまいます… また、大きな取引所は大概載っているのですが、金融庁に登録された取引所かチェックするのも大事です。下のリンクからチェックしてみてください。 仮想通貨交換業者登録一覧 ② 資産の管理体制がしっかりしているか

 



イーサリアム(ETH)を買うなら、ビットバンクがおトク!


イーサリアムに関しても一番手数料が安いのはビットバンク0%となっています。イーサリアムをおトクに売買するなら登録必須の取引所といえるでしょう。ただし、一点注意が必要です。ビットバンクにおいては、日本円でイーサリアムを買うことができません。イーサリアムを購入するには一度日本円でビットコインを購入したうえで、そのビットコインにてイーサリアムを購入する形となっています。最初は戸惑うかと思いますが、すぐに慣れるので大丈夫です。


ビットバンクに登録して取引を始めよう!

各取引所ごとの取引手数料、スプレッドを比較してみました。ぜひ参考にしてみてください。(2018年3月11日段階のデータをもとにコインオタクが作成)

取引所名取引所手数料販売所スプレッド
ビットバンク 
0%×
Zaif
0~0.1%  ×
bitFlyer 
0.2% 4.88%
BTCBOX 0.2% ×
QUOINEX0.25%×
ビットトレード0.2~0.25%×
GMOコイン
× 3.04%
DMM Bitcoin×3.43%
コインチェック × 5.18%

コインオタクでは、手数料以外にも様々な観点からイーサリアムを購入するのに適した取引所を紹介しています。ぜひご覧になってください。 

イーサリアムは(ETH)を買うならどの取引所で買うの?今回はイーサリアムを購入出来る取引所をコインオタク独自の6つのポイントから徹底比較し、初心者にもわかりやすいようにBEST3をレーダーチャートと表にまとめました。


リップル(XRP)を買うなら、ビットバンクがおトク!

 

リップルを取引するなら、取引手数料0%のビットバンクが圧倒的におトクです!ビットコインと異なりリップルを売買可能な国内取引所はまだまだ少ないため、ビットバンクはリップルを取引するなら必ず開設すべき取引所といえます。

ビットバンクに登録して取引をはじめよう!


各取引所ごとの取引手数料、スプレッドを比較してみました。ぜひ参考にしてみてください。(2018年3月11日段階のデータをもとにコインオタクが作成)

取引所名取引所手数料販売所スプレッド
ビットバンク0%×
ビットトレード0.25~0.45%×
コインチェック×5.12%
GMOコイン×4.03%

リップルに関しても、手数料以外の様々な観点からおすすめ取引所をコインオタクでは紹介しています。ぜひご覧ください。

 

リップル(XRP)はどこで購入するのがいいのでしょうか?今回はリップルを購入できる取引所をコインオタク独自の6つのポイントに基づき、徹底比較、考察しました!Best3の見やすいレーダーチャートと表付き!

 

モナコイン(MONA)を買うなら、ビットバンクがおトク!


2c発祥の可愛いキャラクターがモチーフモナコインに関しては取引手数料がタダのビットバンクで取引をするのがおトクといえるでしょう。


zaifを開設して取引を始めよう!



各取引所ごとの取引手数料、スプレッドを比較してみました。ぜひ参考にしてみてください。(2018年3月11日段階のデータをもとにコインオタクが作成)

取引所名取引所手数料スプレッド
ビットバンク0%×
zaif0~0.1%7.03%
フィスコ仮想通貨取引所0%7.03%
ビットトレード0.3~0.7%×
bitFlyer×4.99%
またコインオタクではモナコインを取引するのに適した取引所を手数料以外にも、様々な観点から解説しているのでぜひこちらもご覧ください。

 

話題のモナコインを買いたいけど、どこで買うのがお得なのかわからなくて困ってはいませんか? この記事を読めば、どこの取引所でモナコインを買うことが出来て、どうやったらお得に取引出来るかを解説します。 モナコインのメリット・デメリットを説明するとともに、おすすめの購入方法を詳しく説明します! この記事を読んで、モナコイン購入のための最高の取引所選びをしましょう!目次モナコインとはモナコインの取引所を選ぶ基準 モナコインの主な取引所一覧 オススメのモナコイン取引所ランキングTop3 モナコインの取引所Q&A モナコインの取引所まとめモナコインとはモナコインの概要 モナコインとは、2014年に5ちゃんねる掲示板で誕生した、日本発の仮想通貨です。PoWを採用しており、根強いファンが多いです。モナコインのメリット コミュニティが強い モナコインはコインの下支えをしているコミュニティがとても力強いという特徴があります。「Ask Mona」や「Monappy」がその代表ですね。システムがライトコインとほぼ同じ モナコインは、あのライトコインと基本的なシステムがほとんど同じです。そのためトランザクションの生成スピードが速く、ビットコインよりも実用に向いていると言えるでしょう。開発力もあり、世界で始めてSegwitの技術を導入した通貨でもあります。決済手段として国内で利用され始めている 国内では、モナコインを決済通貨にしたショッピングサイト「ビットコインモール」や、モナコインで決済できるPCパーツショップ、メイドカフェなどが存在します。モナコインのデメリット 流通は日本国内がほとんど 

 

NEM(ネム/XEM)を買うならzaifがおすすめ!


NEMを買える国内取引所はzaifだけとなっています(DMM bitcoinでも購入は可能ですがレバレッジ取引のみ購入可能なため除外)。国内唯一の取引所であることに加え、zaifの運営会社であるテックビューロの社長朝山貴生氏がNEM.io財団の理事であることも影響してか、取引高も非常に多く、一日に行われる全NEMの取引全体の4割がZaifにて行われているそうです。

そのzaifでの手数料ですが、現在0~0.1%となっており海外取引所と比較した場合でも非常に割安といえます。NEMを購入する場合開設しておくべき取引所といえるでしょう。

zaifを開設して取引を始めよう!

各取引所ごとの取引手数料、スプレッドを比較してみました。ぜひ参考にしてみてください。(2018年3月11日段階のデータをもとにコインオタクが作成)

取引所名取引所手数料スプレッド
zaif0~0.1%×
コインチェック×7.49%
またコインオタクではNEMを取引するのに適した取引所を手数料以外にも、様々な観点から解説しているのでぜひこちらもご覧ください。

ビットコインキャッシュ(BCH)を買うならビットバンクかbitFlyerがおすすめ!


ビットコインキャッシュに関しても一番手数料が安いのはビットバンク0%となっています。ビットコインキャッシュをおトクに売買するなら登録必須の取引所といえるでしょう。

ビットバンクを開設して取引を始めよう!



各取引所ごとの取引手数料、スプレッドを比較してみました。ぜひ参考にしてみてください。(2018年3月11日段階のデータをもとにコインオタクが作成)

取引所名取引所手数料スプレッド
ビットバンク0%×
bitFlyer0.2%4.42%
BTCBOX0.2%×
フィスコ仮想通貨取引所0~0.3%×
zaif0~0.3%×
QUOINEX0.25%×
ビットトレード0.3~0.7%×
コインチェック×4.42%
GMOコイン×6.02%
またコインオタクではビットコインキャッシュを取引するのに適した取引所を手数料以外にも、様々な観点から解説しているのでぜひこちらもご覧ください。

 

ビットコインキャッシュ(BCH)を買うならどの取引所で買うの?今回はビットコインキャッシュ(BCH)を購入出来る取引所をコインオタク独自の6つのポイントから徹底比較し、ランキング形式でBEST3を発表します。

 

リスク(LISK)


リスクに関しては、現在国内では取引所での扱いはなく、bitFlyer、コインチェックの2社が販売所形式での取り扱いを行っているのみです。再三説明した通り、販売所形式ではスプレッドが大きいため(2018年3月11日現在2社とも5%超)国内での取引はあまりお勧めできないというのが正直なところです。

次の項で説明するバイナンスをはじめとする海外取引所では、取引所形式での取扱いがあるので、そちらをお勧めいたします。


各取引所ごとの取引手数料、スプレッドを比較してみました。ぜひ参考にしてみてください。(2018年3月11日段階のデータをもとにコインオタクが作成)

取引所名取引所手数料スプレッド
bitFlyer×5.98%
コインチェック×5.39%
またコインオタクではリスクを取引するのに適した取引所を手数料以外にも、様々な観点から解説しているのでぜひこちらもご覧ください。

LISK(リスク)取引所おすすめランキングBest3!お得にカンタン購入しよう! リスク(LISK)を購入するのはどこがいいのでしょうか?リスクを購入可能な全ての取引所をコインオタク独自の6つのポイントから徹底的に比較しました!表とチャートレーダーを使っておすすめBest3を解説!

 

イーサリアムクラシック(ETC)


イーサリアムクラシックに関してもリスク同様、現在国内では取引所での扱いはなく、bitFlyer、コインチェックの2社が販売所形式での取り扱いを行っているのみです。イーサリアムクラシックに関しては2018年3月11日現在のスプレッドがbitFlyerの場合2.67%と比較的小さいとは言えますが、やはり海外取引所で購入した場合と比較すると非常に割高と言えるため、こちらに関しても海外取引所での取引を推奨いたします。

各取引所ごとの取引手数料、スプレッドを比較してみました。ぜひ参考にしてみてください。(2018年3月11日段階のデータをもとにコインオタクが作成)

取引所名取引所手数料スプレッド
bitFlyer×2.67%
コインチェック×5.18%
またコインオタクではイーサリアムクラシックを取引するのに適した取引所を手数料以外にも、様々な観点から解説しているのでぜひこちらもご覧ください。

 

イーサリアムクラシック(ETC)を購入するならどこの取引所がオススメ?この記事ではETCを購入できる取引所の中から、コインオタク独自の6つの視点で比較した取引所Best3を紹介します!表とチャートレーダーがあるので一目でわかります!

 

ライトコイン(Litecoin/LTC)を買うならビットバンクがおすすめ

ライトコインに関しても一番手数料が安いのはビットバンク0%となっています。ライトコインをおトクに売買するなら登録必須の取引所といえるでしょう。


各取引所ごとの取引手数料、スプレッドを比較してみました。ぜひ参考にしてみてください。(2018年3月11日段階のデータをもとにコインオタクが作成)

取引所名取引手数料スプレッド
ビットバンク0%×
BTCBOX0.2%×
ビットトレード0.3~0.7%×
GMOコイン×4.08%
bitFlyer×4.09%
コインチェック×4.09%

またコインオタクではライトコインを取引するのに適した取引所を手数料以外にも、様々な観点から解説しているのでぜひこちらもご覧ください。 

 価格の激しい変動と共に注目度が高まっている仮想通貨。特に昨今のアルトコインの変動の激しさは目を疑うレベルですね。今回はその中で比較的安定した相場を守り続けているLitecoin(ライトコイン)の取引所に注目!「ライトコインを買いたいけどどこで買えばいいかわからない・・・」「そもそも取引所はどんな基準で選べばいいの・・・?」そんなアナタのために、取引所選びの基本知識からコインオタク編集部が独断と偏見で選んだ取引所ランキングまで完全に大公開!アナタの悩みを全て解決します!これを読めばライトコインにとどまらず「自分で」取引所選びができるようになっているでしょう!目次ライトコイン(Litecoin)とは?基礎知識①〜取引所と販売所〜基礎知識②〜口座開設にはなにが必要?カンタン口座開設講座〜ライトコインの取引所を選ぶ基準4選!おすすめ国内取引所ランキングベスト3!ライトコインを扱う国内取引所一覧海外取引所ランキングベスト3!ライトコインの取引所Q&Aライトコイン取引所まとめライトコイン(Litecoin)とは?ライトコインとは、アルトコインの中で時価総額第5位を占める仮想通貨(アルトコイン)の一種で、”ビットコインを金とするならば、銀を目指す”という目的のもと、Google出身で大手取引所Coinbaseの重役として勤めてもいたチャーリー・リー氏を筆頭として開発されたコインです。そのコンセプトに対応するように、ビットコイン(2100万枚)より発行枚数はやや多く(8400万枚)、でもビットコインの悪い点である送金スピードなどは改善されたコインとなっています。今回はそんなライトコインの取引所を消化していくわけですが、まずは取引に必要な基礎知識をおさらいしていきましょう!ライトコイン(Litecoin)とは?決済の主流になりうる仮想通貨の将来性を分析目次ライトコイン(Litecoin)とは?ライトコインのチャート分析!ニュース・相場からみる最新価格推移ライトコインの問題と今後の将来性は?コインオタクの見解ライトコインの仕組み・特徴ライトコインのここが凄い!ライトコインのメリットライトコインにはこんなデメリットも・・・?!【ライトコインの入手方法】オススメの取引所3選【ライトコインの保管方法】おすすめウォレット4選ライトコインのQ&

 

 


 

仮想通貨取引になれてきたら海外取引所も検討してみよう

今回は初心者向けに国内取引所を紹介しましたが、取引に慣れてきたら海外取引所も利用してみましょう。海外取引所の良いところとして、手数料が非常に安いことや、取引扱い通貨数が国内取引所と比較して圧倒的に多いことなどが挙げられます。代表的な取引所をいくつか挙げておきます。

Binance(バイナンス)

Binanceは中国の取引所で、取引高が世界一位の取引所です。100種類を超える取扱い通貨ラインアップと、売買手数料が0.05%と非常に安いことが魅力でコインオタクとしても強く開設をおすすめしている取引所です。詳しくはこちらのページにて解説をしているので、興味のある人は是非ご覧ください。

 

この記事では、香港に本拠地を置く世界最大級の仮想通貨取引所「Binance(バイナンス)」の評判やクチコミを紹介していきます! そもそもBinanceがどのような趣旨の取引所なのかを知りたい方は、こちらの記事をご覧ください! Binanceとは?今絶対に知っておくべき仮想通貨取引所の今後や特徴を解説!2017年7月の設立以降、驚異的なスピードで成長する仮想通貨取引所Binance。どんな取引所?今後は大丈夫?メリットデメリットと登録方法、使い方は?この記事を読めばBinanceに関する知識はバッチリ!続きを読む 目次Binance(バイナンス)の現状Binanceのポジティブな評判、クチコミBinanceのネガティブな評判、クチコミQ&ABinanceの評判まとめ Binance(バイナンス)の現状 大量の草コインラインナップ バイナンスの大きな特徴の一つに、「草コイン充実度の高さ」があり、無名の草コインに投資して大きなリターンを狙う人から高く評価されています。 公式でユーザーによる「次に上場して欲しい草コイン投票」を実施するなど、草コインの新規上場にも積極的な様子がわかります。 Vote for your coin! The Second Session of “Community Coin per Month” Starts!#Binance #Altcoins pic.twitter.com/bndqZGLle6— binance (@binance_2017) September 30, 2017 ただし、草コインを豊富に取り扱っていることには悪い側面も存在します。 Binanceはホームページが日本語に対応していたり(2018年1月20日現在は非対応)、日本法人を展開しようとしていたりと日本進出に積極的です。 が、時に激しく価値が変動し、アマチュア投資家が多大な損失をこうむる可能性のある草コイン取引を金融庁は快く思っていません。そのため、このように「日本進出して金融庁認可の取引所になるのは現実的ではなさそうだ」というクチコミも広まっています。

 

 UIなども使いやすく、サーバーダウンなどもめったにおこすことがなく、セキュリティ対策も非常に手厚いので、最初に開設する海外取引所としては非常にオススメの取引所だといえるでしょう。

 Binanceで取引を始めよう

Bittrex(ビットレックス)

 Bittrexはアメリカの取引所で、取扱い通貨数が世界一多い取引所です。運営会社の知名度が高くセキュリティも非常に信頼できる点が魅力です。

しかし、取引手数料が0.25%と海外取引所の中では若干割高であること、サーバーが最近落ちる回数がふえてきていることが懸念点です。

Bittrexに関しても、コインオタクにて解説をしているので、興味がある人はこちらのページをご覧ください。


 

Bittrex(ビットレックス)とはアメリカに本社がある仮想通貨取引所です。Bittrexの特徴は?強みは?取扱通貨数が世界一?絶対に知っておきたい情報、コインオタクが全部教えます!


 Poloniex(ポロニエックス)

 Poloniexも、Bitrexと同様アメリカの取引所です。取扱い通貨のセンスがよいことに定評があり、セキュリティにも比較的信用がおけます。

ただ、Poloniexも取引手数料が0.15~0.25%とbinanceと比較した場合割高と言えるでしょう。

Poloniexについて興味のある方はこちらへ

 

ポロニエックス(Poloniex)とは 上級者はポロニエックスを使っている ポロニエックスは、アメリカに拠点がある2014年に開設された世界最大級の仮想通貨取引所です。アメリカの取引所のため、日本人にとっては少し敷居が高いと思われるかもしれません。しかしメジャーなアルトコインを一通り扱っている種類の豊富さと、洗練されたチャートの使い勝手が良いことなどから、日本でも仮想通貨取引の上級者に好んで使われている取引所の1つです。 ポロ二エックスの概要 運営会社Poloniex, Inc.所在地1013 Centre Road Suite 403-B Wilmington, Delaware, USACEOTristan D’Agosta設立2014年1月WEBサイト@Poloniex ポロニエックスで取引を始めよう!! 【ポロニエックスの特徴1】70種!仮想通貨の種類が多い ポロニエックスでは70種の仮想通貨を取り扱っています。どの仮想通貨を取り扱うのかはPoloniexが独自の基準で決めていますが、2017年9月には3つのアルトコインが追加されるなど、今後もさらに種類が増えていくことが予想されます。 ポロニエックスで取り扱っている有名仮想通貨(2017/10/17現在) BTC / Bitcoin LTC / Litecoin REP / Augur VTC / Vertcoin ETH / Ethereum NXT / NXT DGB / DigiByte DOGE / Dogecoin XMR / Monero ZEC / Zcash BTS / BitShares ETC / Ethereum Classic STR / Stellar BCH / Bitcoin Cash XEM / NEM CLAM / CLAMS XRP / Ripple DASH / Dash SC / Siacoin STRAT / Stratis 【ポロニエックスの特徴2】手数料が安い ポロニエックスの取引手数料は、Makerの場合0.15%、Takerの場合0

 


まとめ

 取引所の手数料について、紹介してきましたが、いかがでしょうか? 

最後にまとめるとこのようになります。各通貨ごとにおすすめの取引所を使いこなし、快適な仮想通貨ライフをenjoyしてください!

通貨別おすすめ取引所

  • ビットコインを取引するならzaifがおすすめ
  • リップルを取引するならビットバンクがおすすめ
  • イーサリアムを取引するならビットバンクがおすすめ
  • モナコインを取引するならビットバンクがおすすめ
  • NEMを取引するならzaifがおすすめ
  • ビットコインキャッシュを取引するならビットバンクがおすすめ
  • ライトコインを取引するならビットバンクがおすすめ
  • リスク・イーサリアムキャッシュを取引するなら海外取引所を検討すべき