現在のBlockMason Credit Protocol(BCPT)のレート



BlockMason Credit Protocol(BCPT)とは?概要・基本情報まとめ


概要

BlockMason Credit Protocolはイーサリアムのブロックチェーン上で債務債権の発行、貸借情報の記録/管理に特化したプラットフォームです。イーサリアムのスマートコントラクトを使い、誰が誰に対して何時いくら貸している、借りているをブロックチェーンに記録することで「信用」を記録出来ます。

そのため、P2Pでのレンディングサービスが可能になります。

ホワイトペーパーによると

・個人間の信頼性を持った貸し借りの実現 (金額や返済条件の明確化と、返済の確実な履行の実現
・十分な信頼性を備えた少額融資(マイクロファイナンス)の実現
・低予算での、企業間もしくは個人を対象とした金券(ギフトカード)の発行

Source: whitepaper

が出来るようになり、将来的には

・資金調達手段の多様化
・医療未払金問題の解決
・個人が保有する資産の、さらなる有効活用
・学校等を始めとした多くの機関での便利な支払システムの実現

Source: whitepaper

ができると期待されています。

基本情報まとめ


通貨名(通貨単位):BlockMason Credit Protocol

公開日:2017年10月

発行上限枚数:116,158,667 BCPT

取扱取引所:Binance,Bittrex,Upbit,HitBTC

公式サイト:https://blockmason.io/

公式ツイッター:@blockmasonio

ホワイトペーパー:https://jp-announcements.block...

blockchain explorer:https://etherscan.io/token/0x1...

公式ブログ:https://announcements.blockmas...

備考:ERC20トークン

BlockMason Credit Protocol(BCPT)の特徴・メリット・デメリット


イーサリアムのスマートコントラクトで債務管理を行う

現状融資やローンのような債務債権管理は、バックレたりすることが無いように対策するコストが非常に多くかかるため、財務に余裕があり信用のある企業でしか行なえませんでした。

これをブロックチェーン上でスマートコントラクトを利用することで、信頼度の高く、短期間で、低コストでの取引が可能になります。

例えば、借り手の残高がいくら以上になったら自動で返済されると、いった契約を貸すときに決めておくことが出来ます。

そのため、少額での貸付や個人間の債権債務管理を実現でき、経済の活性化につながることが見込まれます。


Lndr(レンダー)

Lndrは、ブロックチェーンを使い個人間の債務を管理するDAppです。

現在Google Play、App Storeどちらでもダウンロード出来ます。ユーザー間で債務を分割、追跡、決済することを可能にしました。

1週間あたり2万円までお金の貸し借りの記録、決済ができ、精算はETHで行われます。


Coral Financeと提携

会計時の現金不足や死亡退院時の債務者がわからないなどから発生する医療の未払い金問題を解決します。受診時の身元確認や預かり金の管理を適切に行い、患者、医師、保険会社間の債務について、ブロックチェーン上でのデータ管理を行います。

また、ブロックチェーン技術を応用し、健康に関するデータを効率的に記録・蓄積・配布し、オーダーメイド医療を促進させます。


BlockMason Credit Protocol(BCPT)の最新チャート!相場からみる価格推移

(2018年3月23日現在)

取引開始は2017年12月27日で1BCPT=$0.376でした。そこから急激に価格は上っていき1月6日には最高値1BCPT=$1.92を記録しました。これは仮想通貨界全体での盛り上がりに合わせて全仮想通貨の価格が高騰したことによると思います。その後はその反動で価格は暴落し2月6日には1BCPT=$0.40まで落ちました。その後は再び価格は上昇していき、2月28日には、1BCPT=$1.51を記録しました。現在はその反動で価格は落ち、1BCPT=$0.46です。


【BlockMason Credit Protocol(BCPT)の買い方】取引所で購入する

Binance

Binanceは中国の取引所です。手数料が0.1%ととても安くなっています。

取扱通貨数は70種類以上で、最近価格が上っているものを多く含んでいるので、Binanceに上場されている通貨には、注目です。一攫千金が狙えるかもしれません。

また、取引所独自のコインBNBを発行していて、BNBで取引を行うと取引手数料が最大0.05%まで安くなります。

Binanceの登録はこちら! 

2017年7月の設立以降、驚異的なスピードで成長する仮想通貨取引所Binance。どんな取引所?今後は大丈夫?メリットデメリットと登録方法、使い方は?この記事を読めばBinanceに関する知識はバッチリ!

 

Bittrex

Bittrexは世界で最大の取引所です。手数料が0.25%で少し高めですが、取扱通貨数が多く250種類以上です。


Bittrexの登録はこちら!

Bittrex(ビットレックス)とはアメリカに本社がある仮想通貨取引所です。Bittrexの特徴は?強みは?取扱通貨数が世界一?絶対に知っておきたい情報、コインオタクが全部教えます!

 

【BlockMason Credit Protocol(BCPT)の保管方法】ウォレット

My Ether Wallet

My Ether WalletはEthereum系トークンを保管する人ならみんな使っているのではないかと言うほど有名なウォレットです。デスクトップウォレットで、セキュリティは相当高いほうです。秘密鍵も自分で管理するタイプです。なので、ハッキング被害やウイルスに感染したりしない限りは安全です。

My Ether Walletの登録はこちら!

Ethereum用ウォレットでもっとも有名なMyEtherWallet。ブラウザを経由して手軽に利用できるこのウォレットの仕組みや使い方など人気の理由を解説します!この記事を読んでMyEtherWalletを使いましょう!

 

Ledger Nano S

Ledjer Nano Sはハードウェアウォレットです。ハードウェアウォレットのセキュリティはペーパーウォレットと同じく最も高いです。デメリットとしては価格が高いことと人気であまり買えないことです。


Ledger Nano Sの購入はこちらから!



BlockMason Credit Protocol(BCPT)の将来性


BlockMason Credit Protocolは身近なところで使えることが大きいと思います。例えば友人との飲み会で会計を割り勘で行うときなどにLndrで精算を行えるのはかなり便利だと思います。ですが、これには仮想通貨での支払いが一般的にならないと精算にLndrを使おうとはならないでしょうし、仮想通貨の価格の変動が激しい今の段階では使われるのは難しいのではないかと思います。今後仮想通貨市場が拡大していけば実際に使われる機会は増えるでしょう。

また、イーサリアムの共同創始者であるANTHONY DILORIOをプロジェクトアドバイザーに迎えていて、開発陣は期待が持てるので、今後の動向には注目しておくべきだと思います。



BlockMason Credit Protocol(BCPT)まとめ

BlockMason Credit Protocolはイーサリアムのブロックチェーン上で債務債権の発行、貸借情報の記録/管理に特化したプラットフォームです。

主な特徴は

BlockMason Credit Protocol まとめ

  • イーサリアムのスマートコントラクトを利用し、信頼度の高く、短期間で、低コストな貸借が可能に
  • P2Pでのレンディングサービス・少額融資が可能に
  • 医療の未払い金問題の解決にもつながる

 という感じです。

将来性は、仮想通貨の市場が拡大するかに大きく依存すると思います。