ブロックチェーンエンジニアとは今"キテる"職業

あなたはブロックチェーンエンジニアについてどの程度意欲がありますか?この職業を明確な意志を持って志している人もいれば漠然とした憧れ・関心を抱いている人もいることでしょう。


仮想通貨への人々の関心は昨今非常に高まっておりブロックチェーンエンジニアのマーケットバリューは2017年のビットコインのように高騰しています。だからといって2018年初頭のビットコインのように暴落することはなく(笑)今後の需要はますます高まる職業と言われています。

未経験でも大丈夫?知ってるべき言語は?気になる年収は?

「ブロックチェーンエンジニアのマーケットバリューが高いのはわかったけど、未経験だからなあ…」と心配することはありません。そもそも国内でブロックチェーンの技術を扱える人材はかなり稀です。下で紹介するように書籍や専門家から学ぶこともできますし、求人内容でブロックチェーンエンジニア経験を必須としているものはほぼありません。以下の求人を見た感じだと応募の必須条件などは大差がないように思われますのでその他の福利厚生や勤務地、年収などを判断材料にすると良いでしょう。


年収は国内で500〜1500、海外だと2000〜3000万と非常に高額です。就業者の年齢層が若いということを考えると高収入の職業の代表格の医者や弁護士よりも高いといえるでしょう。国内と海外で違いがあるのは国内だとスタートアップ企業の求人が多いからではないかと思われます。

ブロックチェーンエンジニアの国内の求人10選

さて、ここからは具体的にどんな求人があるのかを紹介していきます。これはブロックチェーンエンジニアの求人探しに限らず一般的な職探しにいえることですが「週休二日制」と「完全週休二日制」は意味が違います。完全週休二日制でないと毎週土・日曜日が休みになりません。筆者の友人に「週休二日制の求人で職を得たが土日休みなのが1ヶ月に1週間しかない…」と落胆している人がいたので…

※求人情報は求人ボックスを参考にしています。

株式会社bitFlyer

テレビCMなどでもおなじみの国内の大手仮想通貨取引所。これ以降も仮想通貨の取引所・販売所がブロックチェーンエンジニアを募集する求人がいくつかでてきます。


年収:400〜1,000万円

勤務内容:

・自社サービス開発

・仮想通貨取引所・販売所の各種システムのサーバーサイド開発、Web API開発等

必須条件:求人サイトには必須ではなく「求めている人材」として以下の項目が挙げられていました。

・C#、ASP.NETでの開発経験を持っている。
・とにかくプログラミングが好き。
・上流工程だけでなく、自分で手を動かしたいと思っている。
・新しい技術やトレンドを積極的にキャッチできる。 
・周囲としっかりコミュニケーションしながら開発したいと思っている

歓迎条件:

・Web APIの開発経験 
・金融システムの開発経験 
・大規模サービスの開発経験

備考:

・完全週休2日制(土・日) 
・有給休暇(初年度12日)、年末年始、慶弔休暇、産休・育休・誕生日休暇あり


テックビューロ株式会社

テックビューロという会社は知らないかもしれませんが、ここが運営する取引所「Zaif」は有名ですね。学歴は不問で残業も平均して1日1時間ほどだそうです。

年収:400〜800万円

勤務内容:

・ブロックチェーン技術を、誰もが簡単にプライベートP2Pネットワークとして利用できるように開発された汎用プラットフォーム、mijinの運営。 ・仮想通貨「ビットコイン」の取引所「Zaif」の運営。 ・ 総合型のブロックチェーン・ソリューションである「COMSA」の運営。

必須条件:

・クラウドサービス上でのインフラ構築・運用(AWS・Google App Engineなど) ・Linux/Unix系サーバの構築・運用経験(Ubuntu, CentOS, Apache, Nginx, MySQL, Zabbixなど)  ・スクリプト言語の知識と簡易的なプログラミングスキル(Shell Script, Perl, PHP, Pythonなど) ・3年以上のシステム業界での設計・開発業務経験

歓迎条件:特になし

備考:

完全週休2日制 有給休暇10日~20日 休日日数120日 夏季・冬季休暇、慶弔休暇、育休制度あり

ZEROBILLBANK JAPAN株式会社

2015年にできたばかりの会社でまさにスタートアップ企業というイメージです。CEO直下でブロックチェーンエンジニアとして働くことができます。


年収:500〜900万円

勤務内容:

・ブロックチェーン管理APIの新規機能開発
・既存機能のパフォーマンスの改善
・システム設計の具体的な設計
・チームマネジメント
・運用・テストの体制構築

必須条件:

・開発案件でプロダクトマネジメントの経験を持っている。
・プログラミングができること

歓迎条件:

・Node.jsを用いた開発経験がある
・大規模システムの開発計画を立てることができる

備考:

・完全週休2日制
・夏季休暇、年末年始休暇、慶弔休暇あり

株式会社ジャパンエクスチェンジ

金融のエキスパートが集まって設立されたIT金融企業です。少人数の職場で働きたいという方にオススメです。


年収:600〜1,800万円(月給に単純に12をかけています)

勤務内容:

・ブロックチェーンシステムのコンサルティング開発

・金融システムのコンサルティング。 

・金融システムの受託開発。

必須条件:ブロックチェーン技術を導入したシステム開発の経験があること。

歓迎条件:特になし

備考:完全週休二日制


クーガー株式会社

国内で初めてEnterprise Ethereumを活用したブロックチェーン「スマートコントラクト」の実証実験を開始した会社です。

年収:400〜900万円

勤務内容:

・ブロックチェーンを活用したスマートコントラクトの開発
・ブロックチェーン関連のインフラ構築

必須条件:

・EthereumやBitcoinなど、ブロックチェーンでの開発経験
・ブロックチェーンに造詣が深い方
・英語資料の内容が理解できる方

歓迎条件:

・海外での業務経験。海外とのやりとりでも物怖じしない性格

備考:

・完全週休2日制(土・日) 
・年末年始休暇、年次有給休暇、特別休暇


日本アイ・ビー・エム株式会社

アメリカのニューヨークに本社を置くかの有名なIBMです。民間法人や公的機関を対象としてコンピュータ関連製品およびサービスを提供している企業ですね。


年収:1,000〜1,800万円

勤務内容:

・世界に先駆けて立ち上げたブロックチェーンチームに所属し、日本国内の金融(Fintech)、非金融分野の顧客に対し、ブロックチェーンを活用した新しいサービスの企画や提案を行う。

100名以上のブロックチェーン分野のエンジニアとともに顧客企業のビジネス開発を確実に実現するサポートをする

・グローバル事例の調査研究をする。

必須条件:

・コンサルファームでの就業経験

・経営者としてビジネスをリードした経験

上記に加え、新しい技術やビジネスに興味を持ち推進できるマインド

歓迎条件:英語力があれば望ましい。

備考:完全週休二日制

ビットバンク

ビットコインの他数種類のアルトコインを扱う仮想通貨の取引所です。国内では珍しくアルトコインを指値取引できる取引所というイメージです。そんなビットバンクもフロントエンドエンジニアを募集しているようです。


年収:600〜900万円

勤務内容:

・同社で運用しているWEBサービスの開発 
・主にWEBフロントエンド分野の開発 
・TypeScriptを中心としてクライアントサイドの開発

必須条件:

・HTML/CSS/JavaScriptのコーディングスキル
・ES2015+の知識・開発経験
・JSフレームワークを使用したSPAの開発スキル
・仮想通貨に関しての興味、関心

歓迎条件:

・HTML/CSS/JavaScriptの高いコーディングスキル
・Angular/AngularJSでの開発経験

備考:

・完全週休二日制

・夏季休暇、年末年始休暇あり

GMOインターネット株式会社

仮想通貨の販売所として耳目を集めつつあるGMOです。この企業はもともとインターネット関連事業を行う東証1部上場企業として知られています。


年収:500〜800万円

勤務内容:

・仮想通貨エコノミー全般に渡って、事業に関わる開発を行う。
・ネットワークサーバー/クライアント、WEBシステムに渡って技術範囲を限定せず取り組む。

必須条件:

以下の経験・スキルを身につけており、さらにそのスキルを伸ばしたいと考えていること。
・ビットコインをはじめとする仮想通貨の知識
・ビジネスを理解して、要件に合わせた的確なシステムデザインができる能力

歓迎条件:

・暗号化技術の知識
・分散ネットワークまたはWEBシステムの開発経験
・C++での開発経験
・オープンソースソフトウェアへの貢献
・英語によるコミュニケーションができる

備考:

・完全週休2日制

・有給・慶弔・夏季・年末年始休暇、リフレッシュ休暇あり

株式会社Gunosy

「グノシー」と聞くとエンタメやスポーツなどのトピックがまとめて見れるニュースアプリを想像する人が多いのではないでしょうか。勤務地は大都会六本木の森ビルです。あのあたりはきれいな公園や六本木ヒルズがあり都会のオアシスというイメージです。(この記事の筆者は六本木にあこがれています)


年収:400〜800万円

勤務内容:

・仮想通貨やブロックチェーン領域における知識を蓄積するため、勉強会 blockchain.tokyo を主催したり、チーム内で知識の共有会を行う。
・最速でサービスを成長させうる新技術はいくつでも取り入れて開発する(Go Serverless Architecture MVVP…etc)
・少人数チームで、ブロックチェーン、クライアントやサーバサイド開発、インフラ、データ分析、機械学習など、各メンバーが領域を横断してサービス開発に携わる。
・これまでGunosyが培ってきた数値ベースの改善手法を元に定量的にサービスを成長させる。

必須条件:

・仮想通貨やブロックチェーン技術への興味・関心
・スマートフォンアプリかWebサービスの開発プロジェクト参加経験

歓迎条件:

・BTCの技術仕様について一通り理解している
・ICOのwhite paperを読んだことがある
・スマートコントラクトかERC20コインの開発経験
・仮想通貨のマイニングやマイニングプール参加経験
・iOS/Android/Go/Python/AWSいずれかの業務開発経験 ・少人数で新規サービスを開発した経験
・サービス開発プロジェクトにおけるリード経験、事業責任者経験
・サービスのスケール可能なアーキテクト経験
・インフラからクライアントにかけての幅広い開発知識

備考:

・完全週休二日制

・夏季休暇、年末年始休暇、育児休暇、慶弔休暇、有給休暇、産前産後休暇


株式会社Branding Engineer

できて間もない企業ですが成長率が高く勢いのあるベンチャー企業というイメージです。「前職年収より60万円以上高い年収を保証します」と公言しているところも注目ポイントです。


年収:300〜1,200万円(月給に単純に12をかけています)

勤務内容:将来の希望などを考慮し決定する。例えば以下のようなものがある。

・ブロックチェーンを利用した仮想通貨関連システムの開発
・AI・機械学習の技術を利用したサービス開発
・BtoC教育系サービスの新規事業開発
・大手ソーシャルゲーム会社のゲーム開発
・各種業界向け業務システム開発
・各種タブレットアプリ、モバイルアプリ開発……ほか多数

必須条件:「ECサイトを作ったことがある」「IT関連の書籍を買って読んだことがある」など、IT・Webへの関心を持っていること(業界経験がなくてもよい)

歓迎条件:以下のスキルを持っていること。

・開発系
Java、PHP、Ruby、Python、.net系、Objective-C、Android etc...

・インフラ系
サーバー・NW設計構築、運用・保守、監視 etc...

・クリエイティブ系
Webデザイナー、コーダー、イラストレーター、アプリUI/UXデザイナー etc...

・PM、ディレクション系

PM、ゲームプランナー、Webディレクター etc..

備考:

・完全週休2日制(土・日)※希望により週休3日も可能です。
・夏季休暇、年末年始休暇、有給休暇、産前産後休暇、育児休暇、誕生日休暇あり

・昇給年4回
・決算賞与年1回
・スキルアップ補助(勉強会書籍代・語学勉強代)
・資格取得代補助
・各種社会保険完備(雇用・労災・健康・厚生年金)
・社内懇親会・各種勉強会あり
・独立支援制度あり

ブロックチェーンエンジニアの海外の求人3選

前章では国内の求人を見てきましたがここでは海外の求人をピックアップします。中には年収3000万に迫るものもあり、やはり海外の方が給与など待遇面は良いようです。必須条件も日本と異なり漠然としたものが多いですね…

大半の人は「海外なんて検討すらしてない!」と思っていることでしょう。なのでここでは「こんな世界もあるんだ…」と参考に垣間見る程度の気持ちで見ていきましょう。

※求人情報はindeedを参考にしています。


Riccione Resources,Inc.

年収:100,000〜150,000ドルに加え賞与、株式

業務内容:

・ブロックチェーンのようなプラットフォームを新たに開発する。

・Web、モバイル、および組み込み開発などのサンプルアプリケーションを開発して、プラットフォームの価値と強さを実証する。

・第三者団体と協力してデータベースアプリケーションなど幅広いアプリケーションの開発をする。

必須条件:

・数学的な概念、原理、技術に精通し興味を持っていること。

・テスト駆動型ソフトウェア開発プロセスと継続的な統合ツールおよびシステムの知識があること。

・ブロックチェーン(BitcoinまたはEthereum)と分散型アプリケーション開発の経験を持つこと。

歓迎要件:

・ウェブサイト構築の経験者であること(経験年数は3〜5年ほどが望ましい。)

備考:遠隔勤務


Jobspring Partners

年収:160,000〜240,000ドルに加え賞与

業務内容:Webインターフェイスとチャットボックス機能に関するダッシュボードを構築する。

必須条件:

・HTML、CSS、JavaScriptのスキルを持つこと。
・JavaScriptフレームワークで3年以上の経験があること。
・チームを育てたい欲望があること。

歓迎要件:特になし

備考:福利厚生で会社のジムやUber(タクシーのような配車サービスのこと)が使える。


Stott and May

年収:200,000〜250,000ドル

業務内容:ICOを通じて資金を調達すること。

必須条件:

・ソフトウェア開発において設計から実装までこなせるエキスパートであること。

・自分の知識を成長させたいという希望を持ち、ブロックチェーンの分野に強い関心があること。

歓迎要件:特になし

備考:家族のヘルスケアや会社のランチ無料など福利厚生が充実している。


ブロックチェーンエンジニアへの道 〜書籍で学ぶ〜

ここまではブロックチェーンエンジニアの魅力的な求人の数々を紹介してきましたが、ここからは「じゃあブロックチェーンエンジニアになるにはどうしたらいいの?」や「一定のスキルは持っているけど技術を練磨したい」という思いを抱く人たちのために知識や技術習得の方法を紹介していきます。書籍情報は本記事の執筆者の主観とAmazonの商品紹介も参考にしています。

ブロックチェーンアプリケーション 開発の教科書

ブロックチェーン技術を理解したいエンジニア、ディレクターやMVCフレームワークなどでアプリケーション開発を経験したことがあるエンジニアを対象とした解説書です。


本書は2部構成となっており知識と実践知識がバランス良く学べるようになっています。前半ではブロックチェーン技術を正しく理解し、アプリケーション開発を実践するスキルを学ぶため、暗号学などの理論的背景やブロックチェーン界隈の最新情報を解説し、後半ではサンプルコードを交えて、開発の具体例や考え方を実践するという構成です。

ブロックチェーン技術を理論と実践両面から理解できるようになっており、また発売日が2018年2月1日と比較的新しいので必携書といえるでしょう。


ビットコインとブロックチェーン:暗号通貨を支える技術

本書はビットコイン関連技術書のMastering Bitcoinの日本語版です。ビットコインの背後にあるブロックチェーン、暗号理論、P2Pネットワーク等をグラフや具体例を示しながらわかりやすく解説しています。


プログラムがわからなくても十分に理解できる内容ではあるものの、内容は専門性が高くこの書籍はビットコインの背景知識を網羅したエンジニアのための入門書という印象です。


ブロックチェーンレボリューション

こちらは2冊目とは毛色が異なりブロックチェーン技術が今後社会にどのような影響を及ぼすかが政治的、経済的な切り口で語られています。

ブロックチェーンエンジニアとしての技術向上に直接つながることはあまりなさそうですがブロックチェーンを生業としていく上で教養に厚みをもたらす1冊です。

はじめてのブロックチェーン・アプリケーション Ethereumによるスマートコントラクト開発入門

本書はEthereum(イーサリアム)のブロックチェーン上で動作するスマートコントラクトを使用し、エンジニアがなにをすべきかを具体的なサンプルを用いて解説しています。

本書は背景知識よりも実践に重きを置いているので入門書からのつなぎという印象です。

ブロックチェーンエンジニアへの道 〜専門家から学ぶ〜

上記のように関連書籍で基礎を学ぶことは重要ですが、プロフェッショナルのレベルまで到達するにはやはり専門家から直接学ぶことが必須になるでしょう。ここでは3つ紹介します。ちなみにこの記事の執筆者はどの関係者でもなく宣伝をしたいわけではありません笑 あくまで客観的に紹介をし客観的に価値判断を下したいと思います。プログラミングスクールは書籍での学習と重複する部分はありますが、人が集まるためビジネスパートナーとの出会いなどが期待できます。情報は公式ホームページ調べです。


TECH BOOST

株式会社Branding Engineer が運営するプログラミングスクールです。エンジニアの人材育成分野が強みのこの会社がその経験を活かしサービス開発の基礎から実践まで、さらにブロックチェーンなどのトレンド技術を効率の良いカリキュラムで提供します。現役エンジニアの指導を受けられ、オンラインでの質問も24時間可能なので環境は非常に整っているといえるでしょう。


月額99800円(税別)ですが学生割引、複数人入会割引、紹介割引があります。


TECH BOOSTのより詳しい情報はこちら!


ブロックチェーン大学校

ブロックチェーン大学校株式会社が運営するプログラミングスクールです。多数の講義実績がありブロックチェーン技術に携わる経験豊富な講師が授業を展開します。時間帯も昼間忙しい人のために夜にもあるなど受講者のニーズにあった体系となっています。


コースは3つあり

・ブロックチェーンビジネスビギナークラス(全1回で10800円)

・ブロックチェーンビジネスブロンズコース(全4回で64800円)

・ブロックチェーンブロンズコース(全8回で108000円)

と分かれています。上2つは非エンジニア向けで、3つ目はエンジニアの人でブロックチェーンの知識を身につけたいという場合に適しています。


ブロックチェーン大学校のより詳しい情報はこちら!

ブロックチェーン技術者養成道場

コンセンサス・ベイス株式会社が運営する、ブロックチェーン技術者向けの記事を配信するオンラインサロンです。

「ブロックチェーン教育はまだ発展途上にあり書籍やドキュメントはすぐに情報が古いものとなってしまう。エンジニアとして生きていくには加速的に発展する業界の変化についていく必要がある」という方針のもと、短くまとまった最新情報を効率よく吸収できるように提供し、さらにサロン内でブロックチェーンの開発案件に取り組むことで経験値を積ませていくというスタイルをとっています。


月額8640円と他の2つに比べて安価なのはプログラミングスクールという形をとってないからでしょうね。


ブロックチェーン技術者養成道場のより詳しい情報はこちら!

まとめ

ブロックチェーンエンジニアの現状、求人情報、技能養成まで幅広く解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?今ある職業は数十年後には半分以上はロボットが取って代わるかもしれないというショッキングな調査結果があることは有名ですが、そんな中でブロックチェーンエンジニアは今後需要を増していく職業だと思われます。


現在、この職業の待遇は非常に良く特に海外では年収2000万はザラです。高収入に野望がある人は国内でキャリアを積みつつ語学を学び海外に活躍の幅を広げていくのも良いかもしれませんね!