MyTokenのICOがあるらしいけどよく分からない。

そうお考えでは無いでしょうか?

ICO自体最近だと詐欺も多いらしいし、実際のところどうなんだろう?

と心配な方も多いと思います。

この記事を読めばMyTokenのICOのことを詳しく知ることができます!

もちろんICOにはリスクがあることは事実ですが、投資するならビットコインなどよりもリターンが大きいことも事実です。

ICOのことを詳しく知って判断し、MyTokenに将来性を見出したならば投資するのも良いかもしれません!


​​

​MTとは?

​MTとは中国NO.1人気仮想通貨ツールアプリであるMyToken内で使えるトークンのことです。

具体的には、取引手数料や有料コンテンツなどの利用料としてお金の代わりに使用されます。

MyTokenユーザーはMTが無いと取引やコンテンツを見ることが出来ないため、

MyTokenユーザーにとってMTは必須となるでしょう。

コインオタク独自のICOを選ぶ基準!

​仮想通貨が定着し始め近年数々のICOが行われています。ICOの中から次のイーサリアムやリップルを見つけるために、コインオタクは以下の基準によってICOについての投資判断をすることをお勧めします!

詐欺コインの可能性はないか

​最近ではICOを利用した詐欺も急増しています。

美味しい話にはやはり裏があるので、せっかく資産を投資したICOが詐欺である可能性をもあります。

情報をしっかりとリサーチし、常に疑う姿勢をつけましょう。

トークン設計がしっかりしているか

いくら技術的にいいものでも利用価値がなければ普及することは難しいでしょう。

トークンが流通する仕組みが整っているか確認しましょう。​

プロジェクト自体に将来性があるか

ユーザーが利用したくなるプロジェクトであれば需要が高まります。​

ICOの計画などをしっかり確認して将来的に発展するものであるかを考えてから投資するようにしましょう!

上場後に価格が上がっていくようなロジックがあるか

やはりICO自体には投資が盛んになり購入する方も多いと思うのですが、

一番大事なのは取引所などに上場してからどうなっていくのかです。

コインを長期ホールドする価値があるのか予測しましょう。

取引所上場直後に値が上がりそう!

既に中国系、韓国系3つの取引所で上場が決まっているようです。

ICOのハードキャップが低い!​

MTのトークンセールのハードキャップは22000ETHです。これはICOにしては多い方では無い数字です。

そのため需要が高まることが予想されます。

製品が実装されている

ICOの時点で製品が存在せずいわば「机上の空論」であるICOも数多く存在します。

そのようなコインは製品が実装されても期待外れである、もしくはいつまでたっても実装されないスキャムコインである可能性があります。

しかし、MTは既にMyTokenというアプリがリリースされ、中国で人気があります

​使用用途も明確であり、詳しくは後ほど説明しますが既にMTを使うための準備ができていることはプロジェクトがしっかりとしたものであることを保証しています。

詐欺コインの可能性は低いと言えるでしょう。

​​また、OkexやFenbushi​、Neoなどの有名な機関も投資しています。

長期的にも価格が上がる予想!

​​アプリでの必須アイテムとなる

​MyTokenは現在中国で最も人気のある仮想通貨ツールアプリであり、40万人以上のユーザーが利用しています。

また仮想通貨市場もこれから発展していくことが予想できるので、さらにユーザーの増加が見込まれます。

そのMyTokenで必須のトークンであるため、アプリ内で長期的に使用され需要が増していくと思われます。

​さらに、MyTokenが長期的にトークンを買い取って行くことが発表されています。

​そのため上場後にも価値は上がっていくことが予想されます。

MyTokenのプロジェクト概要

​プロジェクト概要

MyTokenはこれから下記の6つのシステムの構築を目指しています。


1. ターゲット広告:広告主と顧客のより良いマッチングを達成し、広告主はより正確な情報を得られるようになり、顧客は不要な広告で注意力を奪われることが無くなり、双方の利益に繋がります。

2. 集約的取引:提携の元、多くの仮想通貨取引所とMTを繋げ、取引を一元化し、投資家により良い体験を提供するとともに、より多くの取引を可能にします。

3. 海外ICOプラットフォーム:新規プロジェクト立ち上げを目指す開発者と投資家との間にチャネルを作り、効果的に投資が行われる環境づくりを可能にします。

4. データサービス:MTの保持するデータを専門のチーム向けに提供し、対価としてMTを用いるシステムを構築し、必要なデータが必要な場所に行き渡るようになります。

5. Dapp ストア:Dappストアを開設することにより、ブロックチェーンによるアプリの公開を可能にする。開発者が顧客を集める助けとなることが予想されます。

6. UGCシステム:MTコミュニティ上でユーザーがコンテンツを独自に生成することを可能にし、コミュニティがより多くのユーザーにより活発化し、仮想通貨投資に関わる質の高いコンテンツが流通する環境を作り出します。


この6つそれぞれのシステムにMTが関連し、例えば1の場合だと

「1. 広告主はアプリや他のプラットフォーム上のプロダクトで広告を表示する際に広告料としてMTを使い支払います

2. 将来的に、ユーザーは自分の興味関心に基づく広告モニターとして活動でき、その際にMTを報酬として得ることができます。

というように利用されます。

ですので、プロジェクトが進めば進むほどアプリが便利になりユーザーが増え、それによってMTの需要も増加します。

​開発状況

2017年7月MyTokenは複数の取引所の価格が一目でわかる投資家の悩みを解決するアプリをiOSとAndroidでファーストリリースしました。

半年間ソフトウェア開発を繰り返した結果、20ものバージョンをリリースし現在では下記のような機能があります。


1.300近くの取引所のデータと70以上の人気のある取引所のリアルタイムでの詳細な価格と出来高の閲覧

2.200種類以上もの仮想通貨のリアルタイムでの価格の閲覧

3.ケイ線や取引の出来高、詳しい取引データの閲覧

4.数千種類のユーザーが最も興味のある通貨の紹介、下位市場、ICOの販売価格やプロジェクトの情報の閲覧

5.全てのユーザーの資産のリアルタイムでの意見の閲覧

6.主要な取引のお知らせとtwitter情報との統合


MyTokenはすぐに中国で最も人気な仮想通貨市場の情報のプラットフォームになりました。

40万人以上のユーザーが利用し、毎日10万アクティビティ以上をあげており、最新のバージョンはiOSやAndroid、HTML5、Macをカバーしています。



​トークン設計

プロジェクト名: MyToken

トークン名: MT

ホームページ: https://tokensale.mytoken.io

ホワイトペーパー:https://mytoken.io/whitepaper/

ハードキャップ: 22000ETH

ERC-20である

トークンセール日時:2018年3月18日〜

トークン全体の配分:45%:システムの基礎のためにロックアップ 40%:資金調達用 15%:創立メンバーや早期の投資家用


プライベートセールは2回行われ、

第1回換算レート:1 ETH = 75000 MT、50%をロックされ六ヶ月に分けて毎週リリースされます。(購買の順番に基づいて発行されます。)

第2回換算レート:1 ETH = 45000 MT、20%をロックされ三ヶ月に分けて毎週リリースされます。(購買の順番に基づいて発行されます。)

Publicセールは今週から始まり、1ETH=36000MT、9000ボーナス(3ヶ月ロックアップされ、毎週リリースされます。)で購入できます。

中国国籍の人、アメリカ国籍・居住者で投資資格を持たない人、18歳未満の人はICOの参加できませんので注意してください。​

トークンの使用用途

MTは​①広告主が払う広告料取引手数料ICOプラットフォームへの参加費データサービスの利用費DAppストアの利用費UGCコンテンツの利用費

​としてMyToken内で使用できます。

MTはMyTokenでの価値の流通を促進しプラットフォームの発展にも寄与します。

また、開発者と顧客の結びつきを強化するため、MTの保有量に基づき定期的にMT pointsと呼ばれるものが配布されます。

MT pointsはユーザーの権利と相互に関連し、アプリ内で使うこともできます。


​今後のロードマップ

2017年8月 MyToken誕生、iOS・Android版開発着手

2017年10月 Angel Round Fund(中国VC)より出資を受ける

2018年2月 主要機能公開

2018年3月 トークン配布、広告システムのテスト、資金調達用トークンシステム構築 を予定

2018年6月 既存の取引所での取引情報データ収集 を予定

2018年9月 分散型ウォレットのテスト、ICO資金調達データ収集 を予定

2018年12月 Dappストア開設、コミュニティおよびUGC開放 を予定

MTのメリット

​​トークンの利用価値が高い

​プロジェクト概要でも少し書いたように、MTが無いと利用できないサービスが多く開発されています。

​上にあげたもの以外にも

仮想通貨取引の手数料ICOプロジェクトへの報酬提供するデータの対価ユーザーコミュニティへの参加やコメントの対価

​などとして利用されます。

そのため既に多くのユーザーを擁するMyTokenでは多くの消費が見込まれます。

価格の暴落が起きづらい

MTはMyToken内の価値の流通を促進させる目的で作られているため、MTの45%をMyTokenの運営側が保有しています。

​また、MTは総額で40億トークンはあるのですがICOの終了後10億トークンを運営側が買い取り使用できなくすることで

総額30億トークンになることが決まっています。

そのため​価格が安定することが期待できます。

​また、トークン設計にも書きましたが

ロックアップの期間がきちんと設定されているので上場後すぐに暴落することが防がれます。

MTのデメリット

中国市場は規制が厳しい

中国ではICOへの参加が禁止されているなど、仮想通貨への規制がとても厳しいです。サービス内容そのものは需要があっても、トークンの利用が禁止されてしまうなどサービスが成り立たなくなる恐れがあります。中国をメインターゲットに置いてるMyTokenとしては考慮に入れなければならない点でしょう。​

【MTの購入方法】ICOに参加するためには

トークンセールは3/18からです。

1ETH=36000MT、9000ボーナス(3ヶ月ロックアップされ、毎週リリースされます。)​です。

一人につき5ETH以上〜20ETH以下購入することができます。

​またICOへの参加はあくまで自己責任でお願いします!​

​登録

登録はここからできます。​https://tokensale.mytoken.io/#…

電話番号とそこに送られるコードを入力するとログインできます。

イーサリアムを準備

MyTokenのICOはイーサリアムに対応しています。

イーサリアムを取引所で買うなどして入手しておきましょう!

MTまとめ

​いかがでしょうか?

今回は中国でNo.1仮想通貨ツールアプリMyToken内で使用できるMTトークンについて説明しました。新たなサービスを利用するのに必要なトークンであり、今後需要が増加する可能性は大いにあるでしょう!


Spectra Ventures & Advisory​​は、MyTokenの独占的なベンチャーキャピタル&コンサルティング会社として、MyTokenが多くの海外の国でマーケティングキャンペーンを行うのを手伝ってきました。

SpectraのWeChatの公式アカウント:spectravc(Telegramアカウント:spectravc)を追加してイーサリアムのウォレットのアドレスを送るとボーナスとして200MTが得られます。

 さらにMT配布計画についてのより詳細な情報は、Spectraの公式チャンネルで公開される予定です。最新のアップデートについては、Spectraのアカウントをフォローしてください!​

問い合わせ:https://spectragroup.io/

ICOへの参加は自己責任でお願いします!!​